Long > Artificial children-造られた子供たち-


――ぼくたちは、生きています。
地下世界を治める人物、公司長によって造られた七体の兵器ロボット、GX。
彼らは、父の理想郷を造り出すために、政治の邪魔となる者を陰で次々と殺していった。
しかし彼は、気付いてしまった。
その゙お仕事゙により、自分たちを憎む者、そして、悲しむ者がいることを。
人一倍気弱で、人一倍優しい心を持った、GX.No.5 アラン。
彼がついに、初めで親゙への反抗を起こす。
アーティフィシャル・チルドレン――造られた子供たち。

小説家になろう」verあります。
※内容はどちらも同じものです。


■ AC-01 ぼくは、ロボットなのだから。
000 001 002 003 004

■ AC-02 ……いやだ。そんなの。
005  006 007 008 009

■ AC-03 「いい顔をしているな」
010 011 012

■ AC-04 「おかえりなさい!!」
013 014 015

■ AC-05 少し、違うだけ……。
016 017 018 019 020 021 022

■ AC-06 ぼくのいやなところだ。
023 024 025 026 027 028

■ AC-07 「アランは消えたよ」
029 030 031 032

■ AC-08 ぼく、まだここに居る!
033 034 035

■ AC-09  ぼくを制御できない。
036 037 038 039 040

■ AC-10 「じゃあ、一回死んでみるか」
041 042 043 044 045

■ AC-11 臆病そうに、たった一言。
046 047 048

■ AC-12 「じゃあな」
049 050 051 052

■ AC-13 「お久しぶりです」
053 054 055 056 057 058 059

■ AC-14 さあ、どうしよう。
060 061 062 063 064

■ AC-15 「それでも、わたくしは……!」
065 066 067 068

■ AC-16 「たった…それだけだ…」
069 070 071 072 073

■ AC-17 脳みそが爆発しそうだ。
074 075 076 077 078

■ AC-18 「ああ、何とでも言え」
079 080 081

■ AC-19 「すげっ!マルシェみたいだ!」
082 083 084

■ AC-20 ……だけど、思い出せない。
085 086 087

■ AC-21 「わかった、じゃあそうしてくれ」
088 089 090

■ AC-22 人間って、すごいや。
091 092 093 094

■ AC-23 「私たちもその一人です」
095 096 097

■ AC-24 いい加減にしろ!!
098 099 100 101

■ AC-25 「意地でも壊せ」
102 103 104 105

■ AC-26 「人一倍繊細だから、かな」
106 107 108

■ AC-27 「ティーマ、また、ねむるの?」
109 110 111

■ AC-28 絶対に、ぼくはあなたを許さない!!
112 113 114 115

■ AC-29 「あと、スーパーヒーロー」
116 117 118 119

■ AC-30 「…あなたに愛されたかった…」
120 121 122 123 123 124

■ AC-31 ――ぼくたちは、生きています。
125 126 127 128 129 130

■番外編
if…風の踊り子


♪BUMP OF CHICKEN「オンリーロンリーグローリー」

[ Material:六仮 MICROBIZ ]

[戻る]
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -