とある字書きの書架

剣と魔法と戦争の世界の群像劇「ルセリオ王国の栄光」と、オリジナルキャラのメイキング等。
「擬人カレシ」の二次創作小説も亀の速度で更新中。

ホーム(ブログトップ)へ

「ルセリオ王国の栄光」作品一覧へ



2017/08/16

[ルセリオ]予告編・技師の逃亡
〈ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き〉


こんな話を書いています。
殺伐。

***

ルセリウスの城

部下「陛下。例の技師が他国に逃げたようです」

ルセリウス「なんと……。
たしかにあいつは、城へ呼んでも断ることが近頃増えていたが」

部下「追手を向かわせますか?」

ルセリウス「……。いや、いらん。あいつなりに考えて決めたことだろう」

部下「わかりました」



ヴァン「うーん……」

※ルセリウスたちの会話を聞いている

ヴァン「あの技師はこの国の重要な情報を知ってたよね。
野放しにするのはまずいと思うなぁ」




2017/02/21

[ルセリオ]災厄の魔術師は駆ける(1)
〈ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き〉


「ば……化け物……」

低い呻き声を漏らして、敵兵の最後の一人が焼けた大地にくずおれる。

「何とでも言うがいい」

つい先刻、恐るべき炎の魔法で大地を焼き払った魔術師――フェリアは哄笑した。

煙を上げて燻る地面に倒れ伏して苦悶の声を発している敵兵たちに見向きもせず、
災厄の魔術師は魔力を両脚に纏わせるとくるりと踵を返す。




2016/06/20

[ルセリオ]プロット・血闘
〈ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き〉


執筆中の話のプロット。

***

IF・死闘

アンブッシュ、封魔環×複数

部下の中でも特に強い者

ブラスト系魔法の全力放射

攻撃を受けてボロボロに

部下の1人が攻撃(ロックアローズレイン)

破片と地の魔力を盛大に受ける、被ダメージ




2016/05/28

[ルセリオ]物語の断片・遊撃
〈ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き〉


「ルセリオ王国の栄光」の更新が止まりすぎてて申し訳ないので、物語の断片を1つ公開。

フリーダがルセリオ王国軍に加わって間もない頃の出来事です。

スティルムとアドゥマは、ルセリオ王国の近くにある国の名。

***

兵士「スティルム軍がまもなくこちらに到着します」

ルセリウス「よし。首都の守りを薄くするのは心もとないが……
      被害を抑えるには国境に近いこの地で迎え撃つしかない」

伝令「陛下! 大変です、アドゥマ軍が我が国の首都に向かってきています!!」

ルセリウス「何だと!?」

フリーダ「(アドゥマがこんなときに出兵だと? おかしい……)」

……

ルセリウス「とにかく時間を稼げ! こちらからも兵を回す」

伝令「承知しました、伝えます!」


ルセリウス「おや。彼女はどこに行った? この前から戦闘に加わっている、フリーダは」

兵士「そういえば姿が見えません」

ルセリウス「ふむ……?」

……

アドゥマ兵「ルセリオ王国の首都はすぐそこだ! 今なら攻め落とすのは赤子の手をひねるようなものだぞ!」

?「そうはさせん。お前たち……渡航者(ヴィアートル)の差し金だな」

アドゥマ兵「誰だ!?」

?「お前たちは何も知らなくていい。何もだ」

アドゥマ兵「う、うああっ……!!」




*prev □home #next


T:2 Y:6 ALL:54005

.

<< 2019年8月 >>
  月 火 水 木 金 
              1  2  3
  4  5  6  7  8  9 10
 11 12 13 14 15 16 17
 18 19 20 21 22 23 24
 25 26 27 28 29 30 31


.

○カテゴリ
分類なし
ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観と主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他の設定&構想
ルセリオ王国の栄光:各人物のスキル
ルセリオ王国の栄光:世界観と主な登場人物(保存版) ルセリオ王国の栄光:世界観と主な登場人物(保存版)
刻印の戦士・本文
刻印の戦士・設定
刻印の戦士・雑記
擬人物語:本文
擬人物語:設定
擬人物語:その他 動物の生態
capricious drafts:本文
capricious drafts:設定
capricious drafts:あとがき
その他作品:本文
その他作品:設定
制作日記
更新記録
その他
プロフィール
(ルセリオ王国の栄光:世界観)※編集中


○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

○ランキング
ネット小説ランキングに投票

  .

-  
「おっさん受け」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -