とある字書きの書架

トップへ

-.


SS・更衣
〈ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き〉
2015/02/11

 
 
フリーダとルセリウス王の落書き。
実はこれは前半部分で、後半は作成中。










***

激しい戦いを終えたルセリウスの衣服は、敵の返り血にそぼ濡れていた。
「陛下。替えの服をお持ちしましたので、こちらにお着替えください」
背後からフリーダが声をかける。
王が着替えをするために天幕へ入ると、灰白色のローブを纏った魔術師は護衛として後に続いた。入り口近くに立って周囲の気配を警戒するフリーダに背を向ける格好で、王は血に染まった衣服を脱いでいく。天幕越しに辺りへ気を配りながら、主君の半裸の後ろ姿に魔術師は遠慮のない視線を向けた。王が上着を軽く畳んで足元に置き、タイをほどいて袖や胸元が真紅に染まったシャツを脱ぐと、逞しい体躯があらわになる。広い肩と、険しい隆起を見せる背中。硬質な筋肉を纏った脇腹と腰。こぶ状の二つの膨らみを上腕にもつ、痛烈な手刀を繰り出す腕。そして、得物を持った相手の攻撃をかわして恐るべき握撃の間合いまで瞬時に詰め寄る、引き締まった長い脚。その姿を眺めて魔術師は考えた。なるほど、容姿と言動で多くの者を虜にしているこの人物に、美男子という評価を与えているのは、顔立ちの端正さや身なりの洒脱さだけではないのだ、と。かといって、その感想が何らかの欲望につながることはなかったが。
背後からの視線に気づいてルセリウスが振り返り、微笑して部下に尋ねた。
「どうした。私が欲しいかね?」
「いえ、いりません」
王がこうした言葉を発するとき、大抵の女にとってそれは質問ではなく結論となるのだったが、主君が言い終わらぬうちに即答する知将の口調はにべもなかった。主君に対して不要だと言下に答えることが、臣下の態度としてはいささか礼を欠くことにも、その返答を聞いて王が漏らした笑いが苦笑であることにも、飾り気のない出で立ちの魔術師は気づく様子もない。
「陛下、早く着替えてしまってください。敵の拠点近くともなるとさすがに攻勢が激しい……。ここからは私がお供します」
条件が整えば敵の一個大隊程度なら単身で撃破する力を持つ部下は、淡々と告げた。



 



よければポチポチっと応援クリックお願いします

にほんブログ村 ファンタジー小説



*prev← □back #next→
-

○カテゴリ
記事一覧
ルセリオ王国の栄光:小説本文
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観&主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他設定
擬人物語:本文
擬人物語:設定
制作雑記

○登場人物・用語
「ルセリオ王国の栄光」主要登場人物
「ルセリオ王国の栄光」用語集



○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

.
「おっさん受け」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -