とある字書きの書架

トップへ

-.


SS「灰燼2」下書き中
〈ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き〉
2015/11/03

 
 
これを早いところ仕上げたい。

前に公開した「灰燼」にちょっと似たストーリー。
本気モードのフリーダ。

***

熱風の吹き渡る広野で二人の人物が対峙していた。

一人は灰白色の質素なローブに身を包んだ銀色の巻き毛の女、もう一人は廷臣風の華やかな衣服を纏った男。

辺りの木々はある所では消し炭と化し、またある所では厚い氷を纏った彫像となり、大地は深く抉れ、つい今しがたまで行われていた戦いの激しさを物語っていた。

「ここまでか……」

男が力ない声を漏らす。

「この咆哮の大地を統べる王には、僕らのあのお方こそふさわしい」

土気色の顔にかすかな笑みを浮かべて男が言う。

「恨むなよ。私も譲るわけにはいかんのでな」

“氷刃”の異名を取る灰白色のローブの魔術師が答える。



 



よければポチポチっと応援クリックお願いします

にほんブログ村 ファンタジー小説



*prev← □back #next→
-

○カテゴリ
記事一覧
ルセリオ王国の栄光:小説本文
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観&主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他設定
擬人物語:本文
擬人物語:設定
制作雑記

○登場人物・用語
「ルセリオ王国の栄光」主要登場人物
「ルセリオ王国の栄光」用語集



○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

.
タップで読むBLノベル
- ナノ -