とある字書きの書架

トップへ

-.


SS・サクリファイス 1
〈ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き〉
2015/03/08

 
 
「あなた、強いのね……。私じゃ、あなたには勝てないみたい」
シェリーは壁にもたれて体を支え、荒い呼吸の下から言った。緩く結っていた髪はすでにひどく乱れて、優美なドレスは破れ、形のよい唇や華奢な手脚からはあちこち血がにじんでいる。
「あははっ、よくわかってるじゃない? これが実力の違いってやつ!」
長い棍をくるくると手元で回転させて、ぴったりした道着に身を包んだ女が笑う。襲撃者を撃退すべくシェリーが放った火の矢や火球は、ことごとく道着の女の棍を使った防御に阻まれていた。
「さあ、お遊びはこれでおしまい。ルセリウスの首を獲りに行かせてもらうわ。――ここにいたのが“ローズジュエル”一人だけで助かったわ」
襲撃者は回した棍をぱしっと受け止め、シェリーに向かって攻撃の態勢を取る。“ローズジュエル”――それは、ルセリウス直属の精鋭集団のうちで戦闘や政務、指揮などにおいて突出した能力を持たず、兵力として働く傍らで王の食事や就寝の際に供をする女の構成員たちの名称だ。シェリーもまた“ローズジュエル”の一員だった。拠点に単身乗り込んできて王の命を狙うほどの手練れに、一人で太刀打ちなどできるはずがない。
「させない……。勝つことはできなくても、あなたを止めることはできるわ」
シェリーは意を決したように言うと、襲撃者の方へ二、三歩踏み出し、それまでに使ったことのない呪言を唱えた。
「捕えて! 『ファイアジェイル』!」
言葉を発すると同時に、シェリーと襲撃者の周囲と頭上に半球状の炎の壁が現れて、二人を取り囲んだ。高温の炎に包まれた空間の温度が急激に上昇する。業火の壁はその直径を徐々に狭め始め、そこから発する熱が二人の髪や肌をちりちりと灼いた。
「な――何よ、これ……!?」
高温の大気に灼かれながら、道着の女は狼狽を見せた。内部に閉じ込めた敵を攻撃する閉塞型の術であることは明らかだったが、燃え上がる炎の内側に術者であるシェリーまでがいるのは異常だった。緩いウェーブのかかったシェリーの髪が熱に触れて焼け焦げていく。体中の傷の痛みに顔をしかめながらシェリーは言った。
「この炎の檻はね。燃えながら少しずつ狭くなって、最後はこの空間もすっかり閉じて中のものを焼き尽くすの。あなたの棍は少しぐらいの魔法なら弾いてしまうみたいだけど、この術は発動領域の中心に使用者が近付けば近付くほど、威力が高まるのよ。普通はこの炎の檻の外側から使うんだけど……私がこうして炎の中にいれば、あなたでも抜け出すことはできないわ。その代わり、私もただではいられないけど」



 



よければポチポチっと応援クリックお願いします

にほんブログ村 ファンタジー小説



*prev← □back #next→
-

○カテゴリ
記事一覧
ルセリオ王国の栄光:小説本文
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観&主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他設定
擬人物語:本文
擬人物語:設定
制作雑記

○登場人物・用語
「ルセリオ王国の栄光」主要登場人物
「ルセリオ王国の栄光」用語集



○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

.
「おっさん受け」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -