とある字書きの書架

剣と魔法と戦争の世界の群像劇「ルセリオ王国の栄光」と、オリジナルキャラのメイキング等。
「擬人カレシ」の二次創作小説も亀の速度で更新中。

ホーム(ブログトップ)へ

「ルセリオ王国の栄光」作品一覧へ



2017/03/18

[ルセリオ]フェリアのキャラ設定…性格に関するメモ
〈ルセリオ王国の栄光:その他の設定&構想〉


しばらくこのキャラの出番が増えることになりそう。動かしやすいから。

フェリアの性格についてはまだ考え中の部分もある。
対照的な二つの性格のうち、どちらにするかというメモ。


■フェリア

性格は
快楽主義的←→ストイック、真面目

酒を
飲む←→飲まない

戦いで
油断する←→手を抜かない

集団の
トップになる←→No.2以下になる

主君に
忠実←→忠実ではない、野心的

仲間や周囲の人を
大切にする←→駒のように扱う

集団の活動で
前面に出る←→陰で動く




2017/03/13

[ルセリオ]フェリアについて
〈ルセリオ王国の栄光:その他の設定&構想〉


フェリアはルセリオ王国がある大陸南部と別の地域で活動している人物です。


この人物が主に活動している時代も、ルセリオ王国が活発に動いている時代とは少しずれています。
だけどルセリオ王国の物語にちょっとだけ絡んでくるので、時々登場させます。

何よりも、色々なものの整合性を考えないといけなくて
制約が多いルセリオ王国の人々よりも自由で動かしやすいのと、
最強っぽくて不敵なこのキャラが書いていて楽しいので。(殴)


物語に登場する人々の能力は時代とともに変動しますが、
フェリアの色々な能力はルセリウスと比べるとどちらが上かわからないくらい。
(作者としてはもう決めていますが、今の時点ではまだ明かしません)

フリーダと比べるといくつかの点で強くて、いくつかの点では弱い。




2016/03/26

[ルセリオ]設定メモ・「魔術師」という名称
〈ルセリオ王国の栄光:その他の設定&構想〉


この前の記事(炎使いフェリアの「余のメラ」)で
初めてネロを「魔術師」と呼んだ。

この名称はフリーダにしか使ってこなかったから、読者の方は戸惑うかもしれない。

でも、「○○使い」「剣士」「王」みたいに提喩に使える一般名詞の呼称がないと呼びにくい。

そこでこういう風にした。


魔法キャラのうち、複数の属性を同等に扱える人物のことは
「魔術師」と呼ぶということにしてみる。




2016/02/17

飛び抜けてる彼ら
〈ルセリオ王国の栄光:その他の設定&構想〉


カテゴリ「主な登場人物」のこれまでの記事で、レベル6(チート級)キャラの
フェリアとネロと裏フリーダの大まかな設定が出揃った。

「ルセリオ王国の栄光」の世界でこのクラスの能力を
持っている人物は他にももっといるけど未設定ゲフンゲフン

元々フェリアとネロにはそんなに出番を作らない予定だったのに、
予定に反してSSや「幕間の寸劇」で最近よく出てくるようになった。
フリーダにも本当はもっと猫を被らせておくつもりだったのに(^^;
キャラは生きているんだなあ。

レベル6というのは作者の中で最近新しく出てきた概念。
詳しいことはまた後日書きます。




*prev □home #next


T:1 Y:6 ALL:54004

.

<< 2019年8月 >>
  月 火 水 木 金 
              1  2  3
  4  5  6  7  8  9 10
 11 12 13 14 15 16 17
 18 19 20 21 22 23 24
 25 26 27 28 29 30 31


.

○カテゴリ
分類なし
ルセリオ王国の栄光:小説本文&落書き
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観と主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他の設定&構想
ルセリオ王国の栄光:各人物のスキル
ルセリオ王国の栄光:世界観と主な登場人物(保存版) ルセリオ王国の栄光:世界観と主な登場人物(保存版)
刻印の戦士・本文
刻印の戦士・設定
刻印の戦士・雑記
擬人物語:本文
擬人物語:設定
擬人物語:その他 動物の生態
capricious drafts:本文
capricious drafts:設定
capricious drafts:あとがき
その他作品:本文
その他作品:設定
制作日記
更新記録
その他
プロフィール
(ルセリオ王国の栄光:世界観)※編集中


○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

○ランキング
ネット小説ランキングに投票

  .

-  
「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -