とある字書きの書架

トップへ

-.


[刻印]フレミア参戦(1)
〈刻印の戦士・本文〉
2016/10/02

 
 
草稿なので各キャラの肩書きなどは仮の設定です。

下っ端戦士の名前も未定なので「(下っ端)くん」と表記しています(^^;

***

ある町が魔のものの襲撃を受けるという報せを受けて慌ただしい様子の協会
町の名はクルッサム


職員A「クルッサム北部の防衛はどうなっている?」

職員B「フレミアが出ています」

下っ端戦士「(フレミア……この広域で最強の戦士「三刃」の一人だという)」

下っ端もその人物の名を話に聞いたことはある


管制係「報告! 敵の増援が現地に向かっています! ベータ級2体、ガンマ級4体です」

下っ端「(そんなに……!?)」

増援としては大きな戦力


下っ端の不安そうな様子に気づくフィリップ
フィリップもまた「三刃」の一人

フィリップ「心配かい、(下っ端)くん?」

うなずく下っ端

フィリップ「大丈夫だよ。彼女ならこのぐらいわけもない」

慌てた様子も見せずに淡々と答えるフィリップ


フィリップの落ち着いた様子にいくらか不安を取り除かれたものの半信半疑の下っ端

下っ端「(本当に大丈夫なのかな……)」



 



よければポチポチっと応援クリックお願いします

にほんブログ村 ファンタジー小説



prev← □back #next→
-

○カテゴリ
記事一覧
ルセリオ王国の栄光:小説本文
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観&主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他設定
擬人物語:本文
擬人物語:設定
制作雑記

○登場人物・用語
「ルセリオ王国の栄光」主要登場人物
「ルセリオ王国の栄光」用語集



○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

.
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -