とある字書きの書架

トップへ

-.


[擬人]ビギナー軟派のスペシャルお仕事 〜お客さんと話して楽しく稼ごう〜 (2)
〈擬人物語:本文〉
2016/10/07

 
 
すっかり遅くなってしまいましたが、ようやく後半公開です(^^;

前半→[擬人]ビギナー軟派のスペシャルお仕事 〜お客さんと話して楽しく稼ごう〜 (1)

***

カランカラーン

客「こんにちはー。マスター、ノア君いる?」

マスター「いらっしゃい! ちょっと待ってくださいね。――ノア君、ご指名だよー!」

ノア「はい、いまいきます。……あ、サカキさんだ。こんにちは」

客「こんにちは! ノア君に会いに来たよー」

ノア「ありがとうございます」

ウェイター「ご注文お決まりでしたらどうぞ」

客「何にしようかな……とりあえずアイスティーで。ノア君は何がいい?」

ノア「えーと……やさいじゅーすがいいです」

ウェイター「アイスティーと野菜ジュースですね。――お客様、ウサギのノア君には
      こちらの『穫れたて野菜の野菜スティック』もお勧めですよ」

客「あ、じゃあそれもお願い」

ウェイター「かしこまりました。野菜スティック一つ」

ノア「わぁ、ありがとうございます」

客「遠慮しないでいいよ。かわいいノア君のためだからね」

ノア「わかりました。ありがとうございます」


客「(あぁ、けもみみ擬人って可愛い……和むわー)」


マスター「ヒトが擬人と話すカフェがこんなに繁盛するなんてな……。
     この調子なら、ほかにも店を出してもいいかもしれない」


――教師の家――

教師「今頃はきっと接客中だ。
   あの子、ちゃんと仕事してるかなぁ」


――仕事場――

ノア「(おきゃくさんたちのことをおぼえるのはたいへんだけど、
    いろんなひととはなせるから、『ほすと』のおしごとはたのしいです)」

***

「ホスト」は、軟派タイプ専用のスペシャルお仕事。

ビギナーと軟派のタイプを同時に取得している生徒は、
ビギナーの幼い口調でホストのお仕事をすることになります。

どんな風に仕事をしてるのかを想像した結果このSSが生まれました(^^;



 



よければポチポチっと応援クリックお願いします

にほんブログ村 ファンタジー小説



prev← □back #next→
-

○カテゴリ
記事一覧
ルセリオ王国の栄光:小説本文
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観&主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他設定
擬人物語:本文
擬人物語:設定
制作雑記

○登場人物・用語
「ルセリオ王国の栄光」主要登場人物
「ルセリオ王国の栄光」用語集



○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

.
×
SSが簡単に作れる
BL専門チャットノベル
- ナノ -