とある字書きの書架

トップへ

-.


グレイスの仮設定
〈ルセリオ王国の栄光:世界観と主な登場人物〉
2014/12/06

 
 
ルセリウスの直属部下集団の主要キャラの一人。
フィーラの相棒にしてライバル兼喧嘩相手。
こっちも一般受けとは程遠そうなキャラだと思ったけど、男装の麗人系と考えるとむしろ王道かな。


・名前
雹嵐(ひょうらん)のグレイス

・性格など
クール、毒舌
賢い
小柄、貧乳
一人称は僕。口調は少年風
王に手を出されたときは基本的に拒まないが、自分から近付くことはない
幼少の頃からルセリウスに仕えているので、年齢が若い割に仕官歴は長いという、軍の隠れ古株 
フィーラと一緒に出撃させられることが多い
フィーラと仲が悪い

・年齢
10代後半〜20代前半(時代による。人間換算)
ルセリウスとの年齢差は10〜13歳程度(人間換算)
フィーラと同年代

・戦闘
属性は氷
低火力・広範囲の攻撃魔法による、1対多の戦闘が得意

*セリフ
・フィーラ&グレイス、敵兵との戦闘前
フィーラ「ルセリウス陛下直属部隊『ジュエルボックス』所属、“炎剣”のフィーラだ。ここは通さねぇ!」
グレイス「同じく、“雹嵐”のグレイス。僕らの軍に弓を引いたことを後悔するがいい」


・フィーラ&グレイスの掛け合い

戦闘で剣をなくしたフィーラ

フィーラ「くそ、剣が……」
グレイス「……」キィン
グレイス「……そら」ポイッ
フィーラ「何だ?(パシッ)って、冷てぇ!」
グレイス「当たり前だよ。氷で作ったんだから」
フィーラ「これは……氷の剣か」
グレイス「君の馬鹿力で敵と斬り合っても折れない程度の強度は持たせてある。それがあれば戦えるだろう」
フィーラ「誰がバカだコラァ!?」
グレイス「僕は回り込んで分隊群の相手をする。君はこのまま直進して、敵の本拠地を叩け!」タッ
フィーラ「ちっ。……」
渡された剣を見るフィーラ
フィーラ「……。悪くねぇな」


・戦闘前
敵隊長「仲間がルセリオ軍を引き付けているうちに、水門を破壊するぞ!」
グレイス「やはり陽動だったか。さっきの君たちの動きには違和感があったんだ」ザッ
敵隊長「お前はルセリオ軍の……!」
グレイス「君たちの仲間は、あの騒々しい女が相手をしている」
(場面転換。敵隊相手に剣を振るっているフィーラ
 フィーラ「オラオラァァ!!!」)
グレイス「あの水門に辿り着かせるわけにはいかない。君たちの行き先は水門じゃない――冥府だ」


・フリーダと初めて会う
グレイス「君が新しく入った人? 気に入らないね、陛下に一番近くで仕えてきた氷使いは僕なのに。――まあ、いいよ。この前の戦闘で成果を上げたようだからね……。僕はグレイス。困ったことがあったら聞いてくれ」



 



よければポチポチっと応援クリックお願いします

にほんブログ村 ファンタジー小説



*prev← □back #next→
-

○カテゴリ
記事一覧
ルセリオ王国の栄光:小説本文
ルセリオ王国の栄光:小説あとがき
ルセリオ王国の栄光:interlude -幕間の寸劇-
ルセリオ王国の栄光:世界観&主な登場人物
ルセリオ王国の栄光:その他設定
擬人物語:本文
擬人物語:設定
制作雑記

○登場人物・用語
「ルセリオ王国の栄光」主要登場人物
「ルセリオ王国の栄光」用語集



○小説リンク集  →全部見る
小説の匣
創作ファンタジー
文芸Webサーチ
創作サーチ
にほんブログ村 ファンタジー小説
駄文同盟.com

.
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -