色々書き溜めとく所。
更新履歴にはのせない予定。



//とっぷ
//other
//bsr
//arkw
//未満
//漂白
//

▼ 全蔵


己は至高の芸術作品だ。歴代最強と迄謂わしめた実父が、その持てる才全てを注ぎ込み造り上げた、至上の一品。精巧な絡繰の様に、正に其の物で在るかの様に、云われた事を寸分違わず遂行してみせる。命賭けの綱渡りを成功させる為だけの芸術品。

(しょうひされていく)






2011/12/03 21:27//Com*0

▼ 冠葉


初恋を、一回きりしかできないなんて

男の子はなんて不便な生き物なんだろう


(夜空に駆ける蠍座の男子高校生)



2011/11/03 01:56//Com*0

▼ ギン←イヅ


血と肉と骨だけの塊に為った貴方はもう動かない。

唯々噎ぶような死の香りの中に、あの日と同じ伽羅を感じた。


(カーラアグルの腸のなか)



2011/08/31 23:46//Com*0

▼ ギン乱


まるで、貴方の喪失を悼むかのように星烏が啼いている。きぃきぃと壊れた蝶番のように軋む曇天を私は唯仰いだ。その時ふと、足元にかつりとぶつかった何かに気が付く。億劫だとは思い乍らも見遣れば、禿げた大地の上に髑髏がひとつ、転がっていた。


(ああ、そうか)


そうして私は在るひとつの結論に思い至る。彼は、彼は。あの月のような銀色の彼は、もう、












2011/08/31 23:30//Com*0

▼ ..

私を、

抱いてください抱いていてください

(あなたの膝の一つ目の猫が恐ろしい)








2011/08/31 23:24//Com*0

▼ 海


海の様な愛をあげよう

(そうして貴方は溺れ死ぬのね)





2011/08/06 01:03//Com*0

▼ ギン乱



灰色の海へと溺れて行くのです

この身が未だ何者も手に入れられていないうちから

そうっと爪弾いた指先が震えているから

だから、太陽を抱きしめに行くのです



2011/07/22 19:03//Com*0

▼ ギン←乱


どうして貴方無しで

生きていく事など出来ようか


この指は、この胸は、この唇は、

こんなにも貴方の事を覚えているのに


(アネモネの境界線)



2011/07/15 11:12//Com*0

▼ ギン乱




じくり、と胸の奥底を甘い花の香りが撫ぜる。張り付いた唇がひび割れる様に裂けた。

(らん、ぎく)

小さく呟いた名前は、もう。誰にも届くことは無かった。



(ぎぶみー、りすぽんす)







2011/07/06 14:06//Com*0

▼ ギン乱




ごめんな、

そう彼女を背後から抱き締めて

僕は泣き出したかった。


(オクターブ越えの恋)




ひたすら謝るギン乱が書きたい。













2011/07/05 01:08//Com*0
  



タップで読むBLノベル
- ナノ -