恋愛自由律短歌5首
詠:黒曜石翡翠

かすかに残る 君の残り香が 私の心を縛りつけた日

背中に触れた体温の ほのかな温かさが ゆっくりと連れてきた睡魔

抱きしめられた君の腕の 心地よさに目をつぶる 春の日のこと

愛を、愛をと泣いた夜 静かに聞こえる 君が呼ぶ声

つないだ手のひらから伝わる そばにいることは −−

[3/18]
←BACKTOPNEXT→
しおりを挟む
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -