落ち着かない


 水森さやかは基本的に笑わない。
 と言っても、不機嫌だとか愛想が無い、という訳ではない。どちらかといえば社交的な性格で、誰かと会話を弾ませている姿も、社内でよく見かける。
 嬉しいときは頬がほんのり紅潮するし、びっくりした時は目を少し見開いて、表情も変わる。すごく、わかりづらいが。
 いつも無表情に近いが、それでもひとつひとつの感情に、僅かな表情の変化はある。ただ微弱な変化なので、所見だと気づきにくい。
 本人が喜んでいても笑みにならない程だ。
 つくづく、変わった子だと思う。

 見た目は可愛い。
 背も小さい。
 喋り方が舌足らずなのは、人に──特に女子に反感を抱かれやすいが、水森の場合、まず男に媚を売らない。
 それでいて、あのサバサバした性格の持ち主だ。同性に嫌われるような要素が見つからない。
 また、彼女はたまに変な発言をする。
 変というのは、例えば親父ギャグを連発したり下ネタトークを展開させたり、男以上に漢らしい発言をしたり。顔に似合わず言う事がズレていて、大胆だ。
 そして行動にも迷いが無く、常に淡々としているのが水森だった。
 例えば夕食のメニュー然り、服装然り。女が延々と悩んでいそうな事も、彼女の場合はまず迷う事がない。決断力が早く、目の前にある課題や問題事も、難なくサクサクと裁いていく。
 その清々しさと言ったらない。
 優柔不断ではないという事だ。

 可愛いのに無表情、そしてサバサバした性格と大食いキャラという意外性が、男性社員のみならず女性社員、はたまた上司から面白がられている。
 お陰で水森は、アジュールのマスコットキャラ的な位置付けで、みんなに好かれているようだ。



・・・



 水森と知り合って1ヶ月ほど経った頃。
 エントランスで、彼女と清水課長の姿を見かけた。
 俺より少し前に出社してきた水森を課長が見つけて、声を掛けてきたようだ。


「おー水森。おはよう」

「清水課長。おはようございます」


 爽やかな笑顔を披露する課長とは逆に、水森はやっぱり無表情のままだ。


「今日もチビで無表情だなー」

「これが私のキャラです」

「ちゃんと朝ごはん食べたか? 歯磨いたか?」

「磨きました。歯磨き後はフロスで歯茎をシコシコキュッキュしました。ぬかりはないです」

「そうかそうか。えらいぞ水森。でも男の前でシコシコとか言うのはやめような」

「はい」


 ……朝からなんつー会話してんだよ。
 軽くセクハラだろ。

 冷めた顔で内心突っ込む俺をよそに、2人の周りに女性社員が集まってくる。
 輪の中心にいる水森を見ていた俺に、背後から同僚の1人が話しかけてきた。


「おっす。何してんの桐谷クン」

「なあ、あれって」

「うん? あ、ミズキチちゃんと清水課長じゃん」


 ……ミズキチ?


「水森だろ?」

「うん。ミズキチちゃんって、あだ名な」

「あだ名?」

「本人が言ってた。小学生の頃から、あだ名が『みずきち』なんだとさ」


 軽快に笑われて、胸に苦いものが広がる。
 あだ名を知った経緯よりも、『本人から聞いた』という発言に反応してしまった。


「……なに、お前仲いいの」

「すれ違ったら話す程度だよ。ミズキチちゃん、誰とでも仲いいから皆に好かれてるし。友達多いんじゃない?」

「ふーん……」

「人気あるぜ、あの子。あ、人気って男にモテるとかじゃなくて。面白すぎるキャラだから」

「ああ……そういう事」

 まあ、それはわかる、けど。
 水森がああいうキャラだって知ってるのも、仲いいのも、俺だけじゃなかったんだなって。
 当然と言えば、当然だけど。
 なんとなく、面白くない。


「まあ、実際狙ってる奴もいそうだけどな。可愛いし」

「……」

「俺先に行くからなー」

「……おー」


 やっぱり聞くんじゃなった。
 朝から気分悪い。

 その場から動けずに呆けてる俺の前で、同僚はエレベーターに乗り込み、さっさと4階へ上がっていく。
 いつの間にか清水課長もその場を離れていて、水森の周りにいた女性社員も散っていく。
 その場に残っていた彼女も、エレベーターへと歩きだそうとして──不意に、後ろを振り向いた。
 思わず心臓の音が跳ねる。
 目が合った瞬間、水森は驚いた表情を見せた。
 俺が出社してきた事に、今気づいたらしい。


「ふおおおぉ。キリタニさんっ」

「……?」


 かと思えば、今度は謎の奇声を発しながら両手を前に突き出して走ってくる。真顔で、だ。
 何事かと思いながら、俺も同じように真似てみる。近づいてきた彼女の両手が、ぱちんと俺の両手と重なって音を弾いた。
 唐突のハイタッチ。


「キリタニさん」

「はい」

「おはようございます」

「おはよう」

「聞きました。A社との契約、キリタニさんが結んできたって」

「ああ、それか」

「それです」


 興奮やまぬ様子で、水森は身を乗り出してきた。



 それは、互いに手を組んだ後日のこと。
 彼女は【ある情報】を俺に教えてくれた。
 その情報を元にすぐ行動を起こした結果、世界的にも有名なキャラクターを生み出した大手企業のA社と、版画作品の独占販売契約を結ぶことに成功した。
 今までにない、大きな実績だ。


「すごいです、あのA社だなんて。上層部の方々はみんな諦めていたと、課長が言ってましたよ」

「持ち上げすぎだって」


 そもそもこれは、水森の情報があってこそだ。
 彼女が事前に教えてくれなければこの契約も無かったし、A社と繋がりを持つことすら出来なかった。


「そのお話、ぜひ聞かせてください」

「いいよ。じゃあ今日の夜、いつもの場所で」

「はい。楽しみにしてます」


 そう言って、水森は俺から離れた。
 他のマーケ社員と挨拶を交わし、共にエレベーターへと乗り込んでいる。
 1人置いてけぼりをくらったような心境に陥っている俺は、その後もモヤモヤとした気分を抱えたまま、定時までの時間を過ごした。

目次

トップページ
- ナノ -