天槍のユニカ



見えない流星(1)

第四話 見えない流星


 ぱちんっと、暖炉の薪が弾ける音でユニカは我に返る。
 身じろぎすると王太子の腕が片方外れ、ユニカの右腕をさすりながら手の方へと降りてきた。彼はそこに巻かれた包帯を確かめるように撫でたあと、手を重ねてゆっくりと指を絡めてくる。
「どうして逃げる」
「逃げるんじゃ、ないわ……大事なものが落ちているの。拾いたいだけです」
 ユニカが答えると、ディルクは彼女の左肩に顎を乗せたまま、身を乗り出して二人の足下を確かめた。必然、更に身体が密着するが、彼は少しもそれを気にしていない。若しくは、この体勢が当然であるかのようだ。
 ものが落ちているのを見つけただろうに、ディルクはユニカを放そうとはしなかった。
「大丈夫か? 助けを呼んでいた、泣きながら」
 慰撫するようなディルクの声音が、ざっくりとユニカの胸を抉る。彼の顔が視界の外にあるのが、幸いだった。こんなに動揺した表情を、日に何度も他人に晒すわけにはいかなかったから。
「何ともありません。いいから放して下さい」
 ユニカは遠慮無く身を捩る。ディルクは諦めたようで、溜め息のような笑いを漏らして腕を解いた。
「大丈夫なら、それでいいんだが」
 涙を拭いながら、ユニカは無言で手紙を拾い始めた。ディルクが気に掛けてくれているのは分かるが、どんな言葉も返せない。余所から来たこの王子には、ユニカの事情など関係ないのだから。
 それに、同じ異性に抱きしめられるにしても、思い出の中の養父の腕と、ディルクのそれとではまったく勝手が違う。養父にされると感じていた安心感はあまりなく、むしろ気持ちが掻き乱される。ユニカには拒否する以外に、どうして良いか分からなかった。
 黙々と手紙を集めるユニカの隣に屈み込み、ディルクは一通の封筒を拾い上げた。
「これは?」
 一文字さえ読む隙もなく奪い取られたので、彼にはそれが古い手紙であるということしか分からなかった。ディルクの質問には答えず、ユニカは黒檀の手箱に手紙をすべて詰め込むと、それを抱えて立ち上がった。
「何かご用があっていらしたのではないのですか」
「つれないな。せっかく仕事を早めに切り上げて戻って来たのに、君はもう部屋にいないし、まるで用がないなら来るなと言っているように聞こえるぞ」
「ご用が無いのなら私の所へは近づかない方が良いと思いますが。その、お世話をして頂いたりこちらに泊めて下さるのはありがたいですけれど、殿下の、確かティアナという侍女が何か勘違いをしているようで、おかげで他の侍女たちも勘違いを……」
「勘違い?」
「……殿下が、愛人を選んできたと思っているのではありませんか? 私が西の宮に住んでいる“あの娘”だということも勘付かれています。早く誤解を解いて、私と“何かある”と思わせるような行いは、慎まれた方が良いと思います」

- 240 -


[しおりをはさむ]