天槍のユニカ



剣の策動(1)

第三話 剣の策動


 ライナは最年少の近衛騎士だった。弱冠十九歳である。
 彼の剣の腕を高く買った伯父が、古くからの友人であった近衛隊長に強くライナを推薦したから、というのが、近衛入隊と騎士の叙任が叶った大きな理由だ。
 小隊も一つ任され、ライナはやる気に溢れていたが、如何せんまだ若い。自分の隊もまとめ切れていないのが現状である。彼は、隊員たちがユニカの部屋から押収した物品の中から、宝飾品を自分たちの懐に入れていることに気づかないまま、報告へやって来た。
「なんだ、ローディしかいないのか」
 近衛隊長の執務室に入るなり、ライナは緊張を解いた。中で仕事をしていたのは、四つ年上の同僚だったからだ。
「隊長なら殿下の所へ行かれたが、何かあったか?」
「ああ、任務完遂のご報告にあがった」
「命令書は?」
「ある」
 手を止めたローデリヒのもとへ、ライナは一枚の紙を持ってきた。得意顔である。
 ラヒアックがいれば決して許されないことだったが、彼は命令書を広げると、ローデリヒの机にどっかと腰掛けた。
「『天槍の娘』の所へ行っていたのか?」
「おう、ガサ入れ。あの女、意外に大人しかったな。もっと抵抗するかと思ったが」
 本人や侍女たちに剣を突き付けたことはわざわざ言わないが、あれしきのことで神妙になり、不満そうにしながらもライナの隊が部屋を引っ掻き回すのを、ユニカは黙って見ていた。あの後、散らかった部屋でどうしたのかは知ったことではない。
 ライナの言葉を聞きながら、捜査の理由を読み、ローデリヒは目を細めて笑ったように見えた。
「押収したものは全て指示通りに運んだぞ。けど、なんで――」
「隊長の判は俺が貰っておくよ。ご苦労だったな」
「ん、……ああ、頼んだぜ」
 ローデリヒは命令書を未決済の籠に入れ、再びもとの書類仕事に戻る。これで用は済んだのだが、ライナは立ち去らずに、ペンを動かすローデリヒを間近で眺め続けた。
「まだ何かあるのか?」
「あるにはある」
 しかし、ローデリヒの右手を見れば、それもなかなか口にし辛い。ライナは考える振りをして部屋を見渡した。
 ローデリヒは、長年故郷を離れて都に暮らしているライナにとって、兄代わりの先輩でもある。歳が一番近く、よく声を掛け面倒を見てくれるので、ライナは何かと彼に甘えがちだった。その最も慕う同僚が、書類に埋もれているのを見ると胸が痛む。
 今月に入って怪我をしたローデリヒは、そのまま騎士号を返上すると言い始めた。どういう怪我だったのかは詳しく語らないまま、昨日からラヒアックの部屋で事務仕事を手伝い始めている。正式に事務方へ配属される為の辞令も、数日内に王太子が出すそうだ。

- 224 -


[しおりをはさむ]