007.太陽に負けた


 荒涼たる大地を歩く男がいる。

 人は彼を旅人だと言うが、彼は詩人を自負していた。

 彼は、詩人だった。

 春ともなれば、柔らかに芽ぶいた草木の青さを讃え、手触りを讃え、形の定まらぬ雲を仰ぎ、その美しさを詠う。

 夏ともなれば、目に痛いほどの空の蒼、陸の青、海の碧に目を細め、勢いの増す生命たちに言葉によって、更なる生命を与えようとした。

 秋ともなれば、木々より落ちる一つ一つの葉にそれまでの季節を透かし見て、穏やかに衣を変えた自然に合わせ言葉の装いも変えた。

 冬ともなれば、白い外套をまとい、細く立ち尽くす木々や物や全てのものに対し、色鮮やかな言葉を綴った。

 彼は、詩人だった。

 自然全てを愛し、

 人々を愛し、

 獣を愛し、

 世界を愛し、

 言葉を愛した。

 だから目に映る全てを言葉で表すことを生きがいとし、それこそが自分の運命であると言って疑わなかった。

 だから彼の目に移らぬものは全て、彼の世界の外にあった。

 姿の見えぬ神も然り。

 偶像は偶像でしかないと言う。

 太陽もまた、然り。

 見る者の目を焼く光をどうして讃えられようか。

 彼の愛でるものは、真に目に映らなくてはならぬ。

 彼は、太陽を隠す雲を愛した。

 何故なら雲は太陽を隠す。

 何故なら雲は陽光を遮り、詩人の目を守る。

──雲よ、お前は敗北者ではない。

──太陽の前にあって、敗北者ではない。

 何故もっと現れない。

 私は。

 私なら。

 お前を讃える詩を詠おう。

 ある時、雲は答えた。

──馬鹿な男だ。

──何故そのように罵る。私はお前を敗北者ではないと言った。

──そう、敗北者などではない。

 雲は動き、その向こうから突き刺す様な光が現れて詩人の目を焼いた。

──そして勝利者でもない。私と太陽は常に対であり、争う云われなどない。お前の様な男に我々の関係に段差を付けられる云われも、無い。

──雲よ、何故に。何故にあなたは。

──目に見えるものが全てなのだろう。お前が愛でるものは目に映るものなのだろう。

 ならば。愛しい私にその目をおくれ。

 詩人は目を押さえた。

 けれど焼けてしまった目を、詩人の体は拒絶した。

──何故、何故。

──映すものなき穴の奥で光を感じるが良い。

 目に映るものが全てと思うな。

 太陽の光の奥にある真円を見よ。


──お前は私を太陽の前にあって敗北者ではないと言った。

 私はどちらでもない。

 お前こそが敗北者だ。

 お前こそが全てのものの前にあって、敗北者だ。

──太陽に目を焼かれた、お前こそが。


 雲は語るのを止めた。

 そうして詩人は目を失った。

 暗い穴が二つ、顔にある。

 包帯でそれを隠す彼を誰も、詩人と認めない。

 詩人は目を失った。

 愛でる対象もない。

 えぐられたような痛みを呪う言葉しか、口から現れない。

 痛い、痛い。

 何故に。

 何故に私が。

 私は詩人なのに。

 痛い。

 痛い、痛い、痛い。

 呪いの言葉しか生み出せぬ。

 美しい言葉が生み出せぬ。

 穴からは、涙も出ぬ。

 何も映さず。

 詩人はもう、詩人でなくなっていた。



 数十年、経った。

 ある時、彼は包帯を変えようとほどいた。

 穴は、まだ穴でしかなかった。

 なかった、が。

 彼は、光を感じた。

 熱く、赤く、黄色く、鋭く、時に柔らかな光。

──ああ。

 涙も出ない。

 しかし、わかる。

 これを讃える言葉を。

──何と、美しい。



 彼は、目を失った。

 しかし言葉があった。

 彼は、詩人だった。



終り


- 7 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -