071.じゃんけん(4)


 リョウは鬱蒼と生い茂る庭の中へ足を踏み込んだ。その背中へ運び屋は暢気な声をかける。

「ついでにお茶の用意もよろしく」

「知るか!」

 罵声が答え、リョウの姿はあっという間に木々に隠れて見えなくなる。

 それを見送っていた神さまはおもむろに、芋を手に取った。じゃんけんを始めた当初は手をかざすだけで熱かったのに、今では温かさの名残もない。

 芋を両手で持ち、ぐっと力を込めて芋を二つに割った。

「……いいんですか?リョウくん怒りますよ?」

「怒るだろうな」

 そう言いながら、神さまは半分にした芋の片割れを運び屋に渡す。

「でも、もう戻ってこない。出て行くよ、彼は」

「わかるんですか?」

 神さまは自分の芋の皮をむき始める。

「どうだろう。ただ、彼にこの庭はもう必要ない。逆に、この庭ももう彼を必要としない」

「どうしてです?人手はあった方がいいでしょう」

 運び屋も皮をむきつつ、答えた。

「そう何度も連れて来られても困るんだが……彼は彼なりに、ここで見つけるものがあったんじゃないか。それをどう形容するのかは、人間のお前に任せておくが」

「食欲?色欲、はないなあ、あの子には。一個の芋程度で争わなくて済むような場所を見つけに行ったとか。……そしたら、ここで見つけられたものって何でしょう?」

 さあ、と半分ほどまで皮をむき、神さまは芋を一口齧る。すっかり冷めて、ぼそぼそとした食感になっていた。

「負け方、争い方、勝ち方、見つけ方と、色々あると思うが。なんにせよ、長かったな」

「今まで出て行った人たちも、何か見つけたんですか?」

「ぼくにはわからない。人が本当に見つけたいものは、その人にしか見えないから、ぼくが見たくても見れない」

「神さまでも?」

「そこまで全能じゃない。──ところで、この芋はもっと食べやすくならないだろうか。口の中が乾いてたまらない」

「ああ、じゃあ荷物から牛乳を取ってきましょう。芋に牛乳は合うんですよ」

 運び屋は芋を神さまに預け、立ち上がった。

「大事な品物じゃないのか?」

「神さまへの供物にしたと言えば、許してもらえますよ」

 運び屋がトラックを停めてある、ここの唯一の出入り口である門まで戻った時、無数の蔦で補強された錆だらけの門の鍵が開いていた。

 運び屋はふっと笑い、トラックから牛乳瓶を取り出した。


終り

- 131 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -