071.じゃんけん(3)


 リョウはじっとりとした目で神さまを見る。

「……お前」

「違うのか?」

「そりゃ、神さまの首なんて欲しい人には垂涎ものでしょう。値段なんかつけられませんよ」

「ということだ」

「お前ら一発ずつ殴っていいか?」

「ここは暴力禁止だ。外でなら構わないが、まだ出られないだろう」

「……もういい。お前らとまともになんか話せねえ。芋の決着つけるぞ」

 じゃんけん、と運び屋が言い、ぽい、という掛け声と共に今度は三人分のパーが出た。

「…………もういやだ」

「だから言っただろう。等分にした方が賢明だと」

「大体、神さまなんだから未来の一つぐらいわかるだろ!?それで勝つとか負けるとかしてみろよ!」

「わあ、嫌だ。八つ当たりですよ、神さま」

「おお」

「感心するな。むかつくから」

 神さまは少しだけ首を傾げて答えた。

「ぼくは世界に飽きた。あまりに大きくなりすぎたから。そんな世界の未来を見ても、ぼくはきっと失望しかしないだろう」

「じゃんけんぐらいで失望するか普通……」

「些細なものだが、これも勝負だ。勝者には誇りが、敗者には屈辱が待っている。この二つは、世界を動かす大きな要因の一つだと思わないか?世界が動けば、未来も動く」

 だから、と淡々と続けた。

「ぼくは未来を見ない。……というか、見てもお前たちはその未来を裏切りそうな気がする」

「……褒めてんの?」

「嬉しいなあ」

「裏切るのをわかっていて見るよりは、何もわからない方が楽しいということだけは最近わかってきた。……それにしても、これほどあいこが続くなら、いっそ未来の一つでも見た方がいいかとさえ思うんだが」

「あっさり意志を折るなよ、たかが芋一つで」

「たかが、って言った?」

「言ったな」

「言いましたね、神さま」

「うむ。ということは、ぼくの案に賛成したということだな」

「どういう回路を通れば、そういう結論になる!?」

「自分が言った言葉の説明を他人に求めるのか?」

「やだなあ、神さま。他人じゃなくて神さまにでしょう。とすると、信仰心の塊のような人間の話みたいですが、リョウくんに果たしてそれがあるかどうか」

「……お前らあれだろ、友達いねえだろ」

「生まれてこのかた、友達というものをぼくは知らない」

「僕の友達はほとんど死んじゃったし。……あれ、どこ行くの?じゃんけんは?」

「もういい。他にねえか探してくる」

- 130 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -