069.猫舌(5)


「……でも、彼女になったっていうなら、パロルはサジェインに手紙を書いてたの?」

 パロルは少しだけ表情を固くしたが、すぐに決意の顔に変えた。

「……あのね、ヨルド。私、リドゥンに手紙を書いてたの」

 パロルの言葉がすうっとヨルドを通り抜けて行きそうになるのを、ヨルドの中の何かが引きとめた。

「ヨルドに言えなかったのは、ヨルドはリドゥンの一番傍にいる人だから。ヨルドも好きかも、って思ったら、もっと言えなかった。……隠しててごめんね」

 パロルは苦笑した。

「手紙は渡せたけど、受け取ってもらえなかった。自分が面倒を見る人間は、自分で決めるって」

 ヨルドの目を真正面から見据え、パロルは柔らかく微笑む。

「それって多分、私のよく知ってる人だと思ったわ」

「……リドゥンが?」

「でも、私は悲しくなれなかった。今だからわかるけど、きっとリドゥンの強さが好きだったんだと思う。でも、リドゥンそのものが好きになれるのは、きっとごくわずかの人だけよ」

だって、と笑う。

「前に言ってたじゃない。性格がひん曲がった奴だから大変、って。ね、ヨルド」

 パロルに笑いかけられ、ヨルドは自分が何を考えているのかわからなくなった。何を言えばいいのか、何をしたらいいのかもわからず、何となく頭に手をやる。

「そんなのいきなり言われてもなあ……ええと、でも、ほら、さ」

 何が「でも」で、何が「ほら」なのかわからない。

──何がヨルドの気持ちをわからなくしているのか、もっとわからなかった。

「ちょっと、とりあえずお茶飲む」

 苦し紛れにそう言い、ツァリが飲んでいたまだ熱いコーヒーを飲んだ。ツァリが止める間もなくヨルドが口に含むと、あまりの熱さにコーヒーを吐き出し、乱暴にカップを置いた。

 慌てて水を飲むが、舌はまだ熱をひきずっている。

──お前は猫舌なんだから。

 幼い頃、リドゥンはお茶を煎れる時、ヨルドの分だけぬるめのお湯で煎れてくれた。小さい頃からヨルドは猫舌で、冷めたお茶の味しか知らない。

 幼馴染の猫舌を一番気遣ってくれたのは、幼馴染の煎れた冷めたお茶だったことを思い出し、舌がずきんと痛んだ。


終わり

- 123 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -