069.猫舌(4)


 それで、と視線を外さないヨルドとパロルにツァリは言う。

「あんたたちは人の食事を見るのが趣味なの?自分の食べなさいよ」

「いや、そんな趣味ないけど。それにそのサンドイッチなら、もう何回も食べてるし」

「ヨルド……そういうことじゃないってもう……」

 隣でパロルが呆れたように言う。

「ヨルド?」

「そう、私がヨルド。こっちがパロル」

「ヨルド、ヨルド……ああ、あの落第生」

「……喧嘩売ってんの?」

「そっちが売るなら買うけどさ。あの天才の幼馴染か。そっちのパロルって、そっか、問題児の彼女」

「問題児?」とパロルが聞き返し、「彼女?」とヨルドが問う。ツァリはひとまとめにして答えた。

「サジェインが言ってるみたいよ。パロルは彼女だって」

「パロルが!?」

「サジェインは問題児じゃない!」

「……とりあえず座ったら?」

 思わず立ち上がった二人をなだめるでもなく、椅子を勧める。言われるまま、すとん、と二人は座った。

「パロル、彼女になったの?」

「そ、それは後にして。あの、サジェインは問題児じゃなくて……」

「喧嘩でどれくらい指導くらったと思ってんの。私なんかより指導室の常連よ、あいつ」

「そんな……」

 見るからに落ち込むパロルを前に、ヨルドは励まそうと思ったが言葉が見つからない。ツァリの言うことは本当だからだ。事実のフォローなどしようがない。

 すると、ツァリがパロルを見ながら呟いた。

「……でも嫌な喧嘩する奴じゃないから。そんなに落ち込まないでよ」

 パロルはツァリを見返し、「ありがとう」と言って微苦笑する。ヨルドはツァリに顔を向けた。

「思ったより優しい」

「また変な噂流されても困るから。……思ったよりって、あんた私を鬼畜か何かみたいに言うのやめてくれる」

「噂聞く限りじゃそう思ってたけど。でも、違うみたいだね。何かほっとした」

 ツァリは目を丸くしてヨルドを見る。

「あんたが何で安心するのよ」

「そりゃするでしょ。あんな噂聞いてたら、狼みたいな人がうろついてるんだって思うじゃん。でもツァリはそうじゃないから、良かったって。そういうこと。わかる?」

 ツァリは頬杖をつき、口許を隠した。

「……落第生の言うことなんか、わかんない」

「……何その言い草……」

 少々落ち込みながら、ヨルドはひっかかるものを覚えてパロルを見る。

──あれ?

- 122 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -