鉢屋「……私、まだ起きてないのかもしれない。」

不破「うん、僕もまだ夢を見てるみたいだ。」

尾浜「あれ?お前らどーしたの?」

久々知「また、ハチが寝坊でも…」

「「「「…………。」」」」

尾浜「やっべー、俺まだ寝てたわ。」

久々知「とりあえず、夢だしハチ蹴飛ばしとく?」

ゲシッ

竹谷「…っ痛!……あ?お前ら……おはようございます。」

不破「さてどうしようか。」

竹谷「いや!待て!これには、事情が!!」

尾浜「まあ、聞くよ。言い訳。」

竹谷「待て待て待て!旭から頼まれたんだよ!!何もねぇって!!つか、旭起きろ!!」

旭「…っ…ん……昨日はハチが寝かせてくれへんかったんやから、もうちょい寝かせて…。」

久々知「ほぅ。」

鉢屋「真っ黒だな。」

竹谷「誤解を招く言い方するな!!」

尾浜「悲しい事に俺達には全くそーいう感情がない旭がハチの部屋で、しかも一緒に寝てるなんて、何もないわけねぇーだろ。」

久々知「ケダモノめ。」

不破「歯ぁ食いしばれ。」


旭(なんやようわからんけど、ハチごめん!!私起きる勇気ないわ!!)


prevnext
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -