旭「シリアス嫌いやねんなあ。」

雷蔵「うん。」

旭「やけど、センチメンタルになるときだってあるねん。」

雷蔵「そうだね。」

旭「…寂しいなあ。」

雷蔵「文は届いた?」

旭「みんな元気してるって。そりゃ嫁いで行ってるんやから、元気なかったら、旦那殺りにいくわ。」

雷蔵「こらこら。」

旭「でも…同級おらんの堪えるわー。」

雷蔵「僕…達がいるじゃない。」

旭「せやね。
あー、ちょっとマシになった。」

雷蔵「僕でよかったら、いつでも聞くから。」

旭「おおきに。雷蔵大好きや。」

雷蔵「僕も旭好きだよ。」


ガラッ

鉢屋「雷蔵はやらん!」

旭「ええ話で終わらせろや!アホ!!」


prev|next
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -