ガラッ

旭「ハチー、頼みがあるんやけど。」

竹谷「いきなりなんだよ?というか、お前そろそろ部屋戻らねぇと点呼くるぞ。」

旭「一人部屋のハチにしか頼まれへんのよ。ちょっと話聞いてや。」

竹谷「いや、まあ、いいけど。どうした?」

旭「私と一夜を共にしてくれへん?」

竹谷「…………………は?」

旭「いやー、この前カンニングしたんバレてさ。んで、その追試で。」

竹谷「いやいやいやいや。」

旭「ただ、一人部屋の忍たまと一緒に夜を過ごすってだけでええんよ。」

竹谷「え…いや、ちょっと…」

旭「まあ、あかんかったら、は組の誰かとっ捕まえて…」

竹谷「ちょっと待て!……あー!もう!仕方ないな!!」

旭「やったね!おおきに!!」

竹谷「はぁ……って、布団一つしかないけど、…まさか。」

旭「もちろん、一緒の布団で寝るのが条件やね。だって色の授業の一環やもん。」

竹谷「…俺、雷蔵達の部屋に…」

旭「待て待て待て!そんなんしたら、またシナ先生の3時間の説教コースや!!」

竹谷「………。」

旭「腹括ってくれませんか。こんな醜女が添い寝第一号で堪忍やで。」

竹谷「醜女じゃねぇし。…逆にその反対の理由だっつの。」

旭「え、なんて?(モゾモゾ)」

竹谷「早いな!お前!!」

旭「あー、ハチの匂いする。」

竹谷(あぁ、もうこれ徹夜コースだわ。)


prevnext
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -