旭「ねぇ、あなた。ここ、寄っても構へん?」

鉢屋「お前は本当、甘いもの好きだな。」

旭「ふふっ。女子(おなご)ですもの。堪忍して?」

「おやまぁ、可愛らしいご夫婦だこと!うちでゆっくりしていってちょうだいな!」

旭「そんな…可愛いなんて。照れるわぁ。」

鉢屋「…旭、寄りたいのは山々だが、帰りが遅くなる。土産でも構わないか?」

旭「三郎さんがそういうなら…。すみません、今度はゆっくりといただきますね?」

「いえいえありがとうございます!では、お持ち帰りの団子は何にしましょう?」



---



旭「…今回の実習満点ちゃう?!」

鉢屋「あーもう、食べながら歩くから、タレがついてるぞ!」

旭「このみたらし美味しいなあ!今度みんな誘って行かな!!」

鉢屋「…さっきまでのお淑やかな奥さんはどこに行ったんだ。」

旭「三郎は、あっちの方がよかった?」

鉢屋「え、…あー、その…。」

旭「残念やな!あれは実習じゃないと無理やわ。堪忍な?」


鉢屋(…なんで、いつものお前がいいって一言が出なかったんだ、私!!)



prevnext
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -