Epilogue




 街は午睡にまどんでいた、穏やかな昼下がり。天井近くに並ぶ明り取りの窓から、ぼやけた光が迷いこむ。
 ティエル第一層――路地裏にある、半地下の酒場。

「これはどういうことなの!」

 心地良く冷えた石壁に、鋭い声が跳ね返った。萎縮するオルトヴィーンとギィの前に、両手を腰に置き、眉を吊り上げたリーザが立ちはだかる。その時、来客を告げる鐘が鳴った。店に入ってきたヴィロックが、小さくなっているふたりの傭兵と、彼らを叱りつけているとしか見えないリーザに、呆れたような眼を向ける。

「どうしたんだ?」

 ヴィロックを見遣り、リーザは深い溜息を吐いた。

「オルトさんが伝説の石臼を手に入れたらしいわ。それはもういいお値段で」
「オルトさん?」

 珍しく虚をつかれたような顔をしたヴィロックに、あることに思い至ったリーザは店内に眼を這わせる。もとより客の来ない酒場だが、この時に店内にいたのは、リーザとヴィロックのふたりだけだった。常であればおっとりとしている、リーザの翡翠の目が鋭さを帯びる。その時、先ほどヴィロックが入ってきた扉から、良く似た面差しの少年と少女が顔を出した。

「傭兵のおじさんたちなら、さっき走って出て行ったよ」
「これぞ退却の好機、って、叫んでた」
「なんですって」

 剣呑さを纏い、リーザはシグルとアニタの間を割るように外へと駆け出していく。

「待ちなさい!」

 風に運ばれてくる声に、兄妹は顔を見合わせた。ヴィロックが苦笑しながら肩をすくめる。

「いいか、ふたりとも。無駄遣いをするとああなるからな」

 シグルが首を傾げる。アニタも小首を傾げた。

「ヴィロックも追いかけてくるの?」
「くるの?」

 闇医者は投げ遣りに片手を振る。

「多分な」

- 327 -



[] * []


bookmark
Top
話題のバーチャルSNSアプリ
バチャスペ
- ナノ -