風が、通り抜けた。


だがそれは、モノノ怪を感じる時とは程遠く。


物珍しく、爽快であった。



街が、少しばかり見下ろせる、丘で。


月の美しい、夜半。


思わず見惚れちまうほどの、咲き誇った桜。


「見事な、ものだ…」



すると、女が突然、俺の前で座っていた。


モノノ怪の気配など微塵もなく。


月明かりに照らされ俺を見つめるのは、優美な桜がよく似合う女。


それでいて、ふわりふわりと、不思議な空気を纏い―――。


その上初対面である俺に、想いを寄せていると。


なんと奇っ怪な出来事。


会話も妙に噛み合わず。


ただひたすら、俺の存在に夢中、な。


モノノ怪ではないが、突如現れたこの女は何者なのか。



さしあたって試しに頬に触れてもみたが、温く。


皮膚を通じ、女の艶を感じ取ることすら、できそうだった。


心地好い、温度。



どちらにしろ関係のない女だが。


何故だか、目が離せずに。


関わらず…立ち去ればいいものを。


座り込み、自ら話したい、などと。



「…名を、お聞かせ願いたく、」

「あ…、えっと、ヒロインです」

「ヒロイン…さん、」

「!!!」


名を尋ね、呼んでみたところ、ヒロインは大いに喜び。


「はぁ…きゅん…!薬売りさんが私の名前を…!嬉しい…ほんとに嬉しい!」


成人の癖に、まるで幼子のような喜びようで。


理解できぬが、自然と微笑ましくも思えた。


「ふ、それで、ヒロインさん、」

「はい、なんでしょう、薬売りさん」


今度は、じっと、目を見つめてみる。


ヒロインも逸らすことなく、俺の目を見る。


頬を紅く、染め。


それは本当に、恋する女のような表情で。



何が、真か。


「ヒロインさんは、何処からやって来たんで?」

「あ…、そっか、最終話は大正っぽかったし…薬売りさんはタイムリープとかできるのかな?…えっと平成です、知ってますか?」

「…いいえ、存じません」


居所ではなく、時の流れの話をしている、のか。


嘘を吐いているようにも到底見えぬが。


「ヒロインさん…、そのへいせいとやらには、帰らなくても?」

「え!…うん、だって、まだ薬売りさんといたいもん」

「なる、ほど…では、帰り方はご存知で?」

「帰り方っていうか…、起きればいいだけだよね?」

「………起きてるじゃあ、ないですか」


こんなにもしっかりと大きな目が開いて、俺と言葉を交わしているではないか。


だが起きてると言えばヒロインは「まぁそうなんだけどね」と楽しげに笑った。


…確かに、突如此処へ現れたはずのヒロインだが、状況に驚愕することはなかった。


自分が眠っていると思っている故に、か…。



とにもかくにも、おそらく、ヒロインは。


怪や、モノノ怪の類いでもなければ。


この世界の人間でも、ない。




夢の中で生きる女。



…さて、どうしたものか。




「――…俺のせい、ですかな」

「へ?なにが?薬売りさんのせい?」

「今し方、…いい女を、抱きたいと、思っていたところで」

「え!?」

「呼びよせちまいやしたか」

「薬売りさんってば、もう!でもそんな薬売りさんも好きー、くすくす、好きなだけ抱いてください」


ヒロインが俺の前に現れたことにだって、きっと何かしらの理があるはずなんだ。


今のところ、見当たるのは、ヒロインが俺に想いを寄せているということ。


だが、何故。


知りもせぬ俺のことを、このように。


本当にそんな想いだけで、俺の前に現れたというのか。



「それにしても…ヒロインさん、なに故に、慕ってくださるのですか」

「なぜって…、だって、本当にあなたの全てが好きなの、穏やかな薬売りさんも、戦う薬売りさんも、」

「戦う…?俺はただの、薬売り、ですよ」

「でもモノノ怪と戦ってるときの薬売りさん、超かっこいいし」

「……知って、いるのか」


するとヒロインは、今までの笑みよりも尚、ふんわりと柔らかな面で。


「もちろん、毎日見てるもん」と、俺の顔を覗き込んだ。



またもや、奇っ怪な。


見てる。


何を。


俺、を?


だがこれだけ妙でも、ヒロイン自体から不気味なものは一切感じられず。


寧ろ、澄んだ純粋な想いが、ひしひしと伝わってきて。


ますます放っておけぬような。



「…ではヒロインさん、今夜はどのように過ごすおつもりで?」

「んー…、ふふふ、薬売りさんに抱かれながら?」

「ほぉ…、そいつはいい」

「あはは、いいの?」



多分、帰る処などなかろう。


お節介が過ぎるかも知れんが。


何の因果か、この縁。


幾ばくか、付き合ってみようじゃねェか。



「では…ヒロインさん、行きますか」

「うん?何処へ?」

「俺一人でしたら、野宿でも構わなかったのですが、ね、」

「私も薬売りさんさえいてくれたら、野宿でも全然大丈夫!」

「ふ…、そういうわけにはいきません」


立ち上がり、ヒロインに手を差し出す。


ヒロインはまたうっとりと俺を見つめて。


少し躊躇しつつも、俺の手に手を重ねた。


ヒロインも立ち上がり再び同じ目線。


「ありがとう、薬売りさん」

「いいえ」

「は…!でも薬売りさん…今気付いたんだけど、私裸足のようです」

「おや…」


やはりヒロインはこの世界の人間ではないのだろう。


立ち上がったヒロインをまじまじと見れば、装束もそれを物語っていた。


「此処では…見慣れぬ、なりだ」

「あ、今日着てた服そのまま…、裸足なのは家の中だったからなのかなぁ?そこまで反映されなくてもいいのに…」

「裸足の訳は分からぬが…履き物は、とりあえず俺のものを、」

「薬売りさんの?」

「はい、もう一足…ありますから」

「あ!薬箱!薬売りさんの薬箱だー!」


隣に置いておいた薬箱の中から、ヒロインに履かせる下駄を。


ヒロインは瞳を輝かせ、俺が薬箱を漁る様を眺めた。


「では、どうぞ」

「わー!すごい!やっぱり薬売りさんの薬箱って何でも出てくるんだね、ふふ、四次元ポケットみたい」


何がそんなに嬉しいのか…、嬉々とするヒロインの足元へ、下駄を揃える。


「転ばぬよう、お気を付けて」

「はい」

「参ります、か」

「はーい」

「着物は明日、調達しましょう」


…明日、と言ってはみたものの。


明日もこの女は姿を成すのか。



分からぬ、が。



「あの、薬売りさん…」

「はい」

「手を、繋いでもらっても…いいですか?」


ヒロインより一歩先を歩き出したところ、呼ばれたので振り向けば。


ヒロインは恥じらいを含みつつも、真剣、かつ不安げな顔で問うた。


冗談めかして、抱いてくれとは、容易に口にする癖に。


だがそのちぐはぐさに、何故だか従ってやりたくもなっちまって。



「…いいですよ」

「ほんと!?やった、薬売りさん優しい!ほんとにだいすき」



俺の前に居る限り、受け入れてみようぞ。




02

<< 3 >>



topcontents