暖かな木漏れ日が差し込む書斎に、小さな寝息が谺する。
 張韻が竹簡を片手に、眠りこけていた。
 つい先日戦場から帰ったばかりで、疲れているのだろうか、張皖が歩み寄って顔を覗き込んでも、一行に起きる気配が無い。

「風邪をひくぞ」

 声をかけ、やっとぼんやりと目を開けた。

「公徳兄……いつからここに?」

 マヌケな声を上げつつ、韻は目を擦る。

「今、来た。お前らしくない、無防備な馬鹿面だな」

「な……何だと?!」

 言いながら韻は飛び起き、皖を睨む。
 だが、いつもの迫力が無い。

「疲れているようだな。赦す。休め」

 皖は韻の正面に腰を下ろし、転がっていた竹簡を拾い上げた。
 史書か、珍しい。

「公徳兄に赦されんでも休んでる。今回は少し……疲れた」

 韻は座り直し、皖から竹簡を受け取った。

「本当、お前らしくないな。無理はするなよ」

 明るい窓の外へと視線を移した韻は、深く溜息を吐く。

「公徳兄、何故私を助けるんだ。何度も、何度も……義妹にしてまで」

「救える命が目の前に転がっていれば助けるだろう。お前と同じだ」

「そうか?」

「何故だ?」

 不思議そうな顔をする皖に、韻はニヤリと片頬で笑う。

「お前は建て前が下手だな。政治家失格ではないか。……だが、別に良いんだ。あくまでも私はお前の剣であり、楯であれば良いのだから」

「……紅藍」

「何だ?」

「楯にはなるな。剣であれば、それで良い。その刃に、迷いは不要ぞ」

「上等だ。それで、次に刃を振るうのはいつになるんだ? やはり戦場に立っている方が気も紛れるようだ」


|
−9/15−
目次

















タップで読むBLノベル
- ナノ -