闇夜の剣花
 辺りはすっかり暗く、ひたひたと足元が凍り付くように冷える。
 冬場の夜は深い。
 張皖は一人机に向かい、筆を持っていた。
 唯一の明かりである、灯籠の焔が揺れる。

「酒を。今宵は二人で飲むとしよう」

 皖の背後に立つ人物は答えない。
 足音も立てず部屋に入り、ここまで近付いて来たのだ。ただ者ではない。
 それでも皖は悠々と構えている。

「暗殺者と酒なぞ、俺も酔狂な事を言うな」

 皖は言いつつ、振り返らない。
 最初から殺すつもりならば、もう既に刃が向けられていても良いはずなのだが、殺気すら未だに感じないのは如何してだろうか。

「今から殺されようと言うのに、その落ち着き具合が解せぬ」

 意外や、声は女のそれであった。
 皖は筆を置き、半身を捻る。
 振り返った先には、女にしては背の高い影が暗闇に立っていた。
 美人に好かれるのは嬉しいが、暗殺者とは非常に残念だ。

「君には残念な事だが、俺は死なない」

 にこりと微笑んだ後、皖は右手を軽く振る。すると小さな剣がその手に握られていた。
 影は身構える。

「楽には死ねんぞ。覚悟は良いか」

「そちらこそ」

 剣花が煌めくが、相変わらず殺気は無い。

「君は、俺を殺す気が無いようだが」

「雇い主がいけ好かない」

 暗殺者には向いてないな、と内心皖は苦笑した。正直すぎる。

「なら、俺に仕えないか? 給金は弾むぞ」

 鍔ぜり合いに持ち込み、耳元で囁く。

「暗殺者慣れしていると思えば。他にもそのように口説いたりしているのか」

「そうかもね。おっと……」

 力任せに合間を開けられ、皖は少しだけよろめく。
 確かに、命を狙われる事には慣れている。
 大方、皖が油断していると見た暗殺者は一瞬隙が出来、返り討ちに合う。

「誰の差し金だ……いや、言わずとも良い。俺の命を欲しがる輩は沢山いるが、このような手を使う人間の見当は付く……」

「見当違いだったら? 以外にお前の身近な人間が雇い主かも知れぬ」

 皖は片眉を持ち上げ、ニヤリと笑った。
 だから暗殺者らしくなかったのか。

「帰ってあの馬鹿に伝えておけ。気遣いは無用だ、とな」


|
−6/15−
目次

















タップで読むBLノベル
- ナノ -