干杯
 空は、分厚く暗い雲が立ち込め、まだ正午を過ぎたばかりとだ言うのに明るさがない。
 傘を持って出なかった事を後悔しつつ、張皖は足を急がせた。
 生温い風に、橘の香が混じる。
 向かう先は、とある酒場。
 一度は破壊され、瓦礫の山となった店だが、陳元才が建て直し、近々営業を再開する。
 その開店よりも前に、元才は親しい者だけを招き、ささやかな祝賀会を開いた。
 そこに、皖も招かれたのである。


「公徳さま。御身に何かあったのかと案じておりました……ご無事で何よりです」

「公務が入ったのだ。遅れてすまん」

 元才は皖を店の中へと丁重に案内した。
 舅、李紘には男児がおらず、元才を養子として家督を継がせた。
 それもかなり前の事になるのだが、この男は全くと言って良いほど歳が解らない。

「紅藍さま、子比さま、子珪さま。お揃いになられておいでです」

 皖は頷き、部屋へ入った。
 すると、微かに頬を朱に染めた張韻が真っ先に駆け寄る。

「公徳兄ぃ、遅い。折角の酒が温くなってしまったではないか」

「すまんすまん。……それで、このような人間を集めて何の話なのだ。元才」

 皖は胡床に腰掛け、酒を運んできた元才に声をかけた。
 元才はそのまま皖に酒を注ぐ。

「何もありませんよ。ただ、皆様方と一緒に酒の席を設けたかっただけです。これより先、皆様方が一堂に会する機会は減るでしょう。だから、せめて今日くらい……」

 張韻、許衍はそれぞれ一軍を率いて戦線へ。そして郭翼は近県の太守として配置されて行く。
 そうなるからには、滅多に顔を会わす事が出来なくなる。
 戦友、悪友、親友として、寂しくなるだろうと、元才の心遣いには感謝した。

「深酒は出来ぬ。皆、明日は早いであろう」

 皖が盃を持ち上げる。

「酒などすぐに抜ける。構わぬよ」

 衍も盃を持ち上げる。

「一人、既に出来上がってるがね……」

 呆れ顔の翼も盃を持ち上げる。

「出来てない。私は出来てないぞ。旅立つ事のない公徳兄ぃを酒浸りにしてやる」

 韻も盃を持ち上げた所で、元才が音頭をとった。

「旅立つ方々、そして中央で帰りを待つ私達。それぞれに天帝の御恩恵がもたらされます事を祈って……」


 干杯――



 一時ほど経った後、店を出る頃になると、外はぱらぱらと雨が降っていた。

「傘を……」

 と言う元才に、皖は手で制止する。

「構わぬ。たまには雨に濡れて帰るのも、悪くない……」



あとがき

|
−5/15−
目次

















タップで読むBLノベル
- ナノ -