Odi et amo.
「私も、最期はあのように穏やかに逝きたいものだ……」

 許庚の葬儀が終わり、衍の隣で耿珠がぽつりと呟いた。視線が、虚に宙を漂っている。

「武人たるもの、戦場で果てたいんじゃなかったのか」

 衍は珠の残された右の瞳を覗き込むが、やはりそこには何も映らない。

「伯艾殿がおられぬ今、私が戦場に出る事も無いだろう。それならばせめて、あのような貌をして逝きたい」

「お前くらいの人間なら、どこへ行っても通用するだろう。いくらでも戦う場所はあるんじゃないのか」

「私は女だ。伯艾殿だけがその事に目を瞑ってくれていたが、影で何を言われていたかくらいは知っている」

 女だから贔屓されている、だの。
 実力も無いのに、色仕掛けで副将に納まっている、だの。
 衍の耳にも入ってくる程、あることないこと言われているのは知っていた。
 だが、そんな噂など意味を持たぬ程、珠は良将であるのは戦歴からして明白なのだ。
 ただの僻み、やっかみである。

「俺が陰口叩く奴を吊し上げてやる。俺の部隊に来い」

 珠から返ってきた視線は、いつものように鋭く冷たいものだった。

「誰がお前みたいなやつの所に行くものか」

「他に行くトコも無いんだろ。だったら、俺の所に来い。誰にも文句は言わせねぇ」

 暫しの沈黙。
 静けさを破ったのは、珠の笑い声だった。

「お前以外に頼る術が無いなんて皮肉だな。お前なんて大っ嫌いだ。けど……助かる。私から戦を取ったらただの抜け殻だからな」

 珠の笑顔を、久々に見た。
 何年振りだろうか。
 あれは多分、出会った時以来だろう。
 すぐに泣かせてしまってから、一切衍に笑顔は見せた事など無かった。
 久し振りに見せた珠の笑顔は、衍の心に何かを点した。


あとがき

|
−7/15−
目次

















「おっさん受け」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -