「おい、張韻。韓堵(ト)の所へ嫁に行け」

 低く乱暴だが、透き通った声に呼び止められ、張韻は振り返る。
 声の主は郭翼だ。

「いきなり私を呼び捨てにした上、嫁に行けだと? 貴様、何のつもりだ」

 一瞬、張韻は剣の柄を握り締めた。

「公徳の妹と、叔屏との婚姻……向こうから話があった。悪い話じゃない」

「私には悪い話だ。叔屏のヤツ、何を考えてるんだ……」

 ふっと郭翼が鼻で笑う。

「最近、祿と燕との関係が悪化している。燕は乕と結び、祿を滅ぼそうとの動きがあってな。そこで祿は我等魁との繋がりを欲している……」

「それで私か。この話、公徳兄は?」

 郭翼は首を横に振った。
 この男、手際が良いのか悪いのか。
 張韻は俯き、ぽつりと呟く。

「……公徳兄が是であれば、従おう」

 その答えに、郭翼はがっくりと肩を落とした。



「その話、誰が応じると思う?」

 木簡を片手に、張皖は溜息混じりに苦笑した。視線の先には俯く張韻と、呆れ顔の郭翼の姿がある。

「利がある話だ。お前が応じたくない気持ちも解るがね」

 いやいや。と張皖は首を振り、手にしていた木簡を机に置いた。

「俺は別に構わんが、相手側が後悔する事になるだろうと心配しておるのだよ」

 と、うそぶいた。
 張韻を嫁になどしたら、何を仕出かすか解らない。相手側、韓堵にもそれは理解しているだろう事は解っている。

「そこで、だ。逆にこちらがあちらから嫁をもらったらどうだ、と考えていた」

「人質か」

「そうじゃない。……いや、そう思われても仕方が無い……」

 しどろもどろに答える張皖を横目に、郭翼がニヤリと笑う。

「あの家のお嬢さん方は皆、若くて美人と評判らしいな。お前にゃ勿体ない」

「……言っておくが、俺にじゃない。基(キ)に、だ」

 基は張皖の長子で、志暉の遺児である。
 この年、十三。
 まだ元服もしていない子供だが、婚儀の約束しておくのに遅いも早いもない。

「あー……。お前も子供に嫁を貰う歳になったのか」

「お前とたいして変わらんよ」

「おい、お前ら……」

 皖翼二人が振り返ると、俯いたままの張韻がわなわなと肩を震わせていた。

「私は何のためにここにいるんだ」
 

|
−4/15−
目次

















タップで読むBLノベル
- ナノ -