samurai7 | ナノ
08
54 / 177

「よっし!今日は頑張るぞ!」


昨日好きなことをして過ごしたユメカは、随分と体力を回復できたようだった。
朝日が昇ると同時に目覚めることができ、直ぐに決意を口にする。


身支度を整えていたその時、
ふとポケットに入れたままの指輪が気になり取り出した。


(簡単にポケットに入れてたりしたら、無くなっちゃうかもしれないよね……)


不安になるが良いことを思い付き、
キュウゾウから返してもらったハンカチを取り出した。
それを広げ、指輪を上に乗せて包む。


「うーん……これで無くなる可能性は減ったけど」


肌身離さず身に着けてたほうがいいかな。
そう思って更に考えれば、このまま身に付ける方法を思いついた。


(髪に結ぼう!)


癖のある長い髪を、下の髪を残す形でサイドから取り、
もともと持っていた髪ゴムで後ろに結ぶ。
その上に指輪を包んだハンカチを、しっかりと結びつけた。
鏡を見てみれば、丁度花が描かれた部分が表になっていて、
リボンと呼べるものになってくれていた。


(髪も邪魔にならなくなるし!指輪も安全だし!一石二鳥だ)


そんな風に満足した時、コマチの大きな声が響き渡った。


「大変ですー!」


ユメカは何事かと驚いて土間に顔を出す。
すると視界に入ったのはコマチがカンベエの手を取り、張り出し縁の方に引っ張っていく姿。
疑問に思い、ユメカも後を付いて行った。


「ほら、あそこ!喧嘩しようとしてるです!」


コマチの指差す先には、喧嘩どころか仲良く互いの背中に腕を回し、
清々しく朝日を眺めるキクチヨとヘイハチ。


「喧嘩ぁ?冗談言うなよ。なぁ、兄弟」


キクチヨはコマチに気付き、機嫌良さげに反応した。
一方ユメカは、なるほど!アニメであったシーンだ!と納得した。


コマチはその様子に「あれれです」と眉を寄せ、
カンベエは顎鬚を撫で、キクチヨを見る。


「まぁよい。キクチヨ、今日はサムライ探しにお前も来い」
「へっ?」


自分を必要とする言葉が向けられたことに驚き、キクチヨは面食らう。
だがヘイハチから「良かったですね、キクチヨ殿」と言われ、
いつもの自信満々の調子に戻って喜んだ。
しかし、すぐに肩を落とすことになる。


「猫の手も借りたい時なんでな」


カンベエの冗談ともとれる釘を刺す言葉に、
キクチヨは気の抜けるような変な声を上げ、案の定うなだれる。
土間に戻ろうときびすを返したカンベエとユメカは視線が合い、挨拶を交わした。
そしてユメカは昨日謝罪を言いそびれていたことを思い出す。


「あの…っ昨日はすいません。お昼まで起きなくって…!
でも今日は私もサムライ探しに参加しますね!」
「言わずとも、今日お主には来てもらう」
「?」


何か自分に役目があるように取れる言葉に、ユメカは無意識に首をかしげる。
その様子を見たカンベエが更に言葉を続けた。


「ユメカの目は姿を映し、語るからな」
「…………」


(私の目が姿を映して語る?)


言葉の真意が分からず、ユメカの眉が困ったように下がった。
目なんだから姿を映すのは当たり前じゃないのかと考えつつ、
その言葉を残して去っていくカンベエを訝しげに見つめた。

テーマ「嘘から始まる恋」
BL小説コンテスト開催中!
- ナノ -