誓う


卒業試験を無事に終えたその日の夜。
私は男子の部屋にこっそりと遊びに来ていた。


「今日受かったのは俺達を含めて20人だってさ、情ねぇ、俺なんかまだ震えてるよ…」

ミカゲの言葉を聞きながら、私はミカゲの腕に包帯を巻いていく。
確かに、言葉通りミカゲの腕は少しだけ震えていた。
情けなくなんかない、そう言いたかったのだが、言葉が出なかった。
けれども、ミカゲには伝わっているのだろう、私の指が少しだけ震えているから。


「試験じゃ何度もお前らに命を救われているけど、今回は俺だって良いとこ見せたもんね!」

「うん、ミカゲ格好よかったよ」

「!ありがとな…」

ミカゲは嬉しそうに笑った後、テイトを見て微笑みを零した。


「まさかお前があのシュリを助けるなんて思わなかったぜ、さすがのあいつも形無しだな」

「ち、違うよ、あれは体が勝手に動いただけで…」

「照れなくてもいいのに…」

「本当にな!大親友、お前のことを誇りに思ってるんだぜ、な!」

「うん、やっぱりテイトは優しいね」

私とミカゲは顔を見合わせて微笑んだ。
私たちの大親友は、とても優しい心を持っている、それが誇らしかった。
テイトの頬に朱を指しながら、照れくさそうに頬を緩めた。


「…なぁ、ミカゲ、キアラ」

「なに?」

「俺が奴隷だったの、知ってるよな?」

私は言葉に詰まり、静かに視線を床に落とした。
知ってるも何も、私は気付けばテイトの隣に、物心ついた時からいたのだ。
テイトが奴隷だったのも、私がテイトと同じような扱いをされていたのも、幼い頃からの当たり前の日常だった。
テイトは私の顔をちらりと視界に入れてから話し始めた。


「奴隷っていっても、戦闘用の奴隷でさ、物心ついた頃には軍に買われてて…、俺は家族の愛情なんて知らない」

それは、私にも言えることだった。
記憶もない、家族もいない、そんな私に愛を教えてくれる人なんていなかった。
だから私は、愛を知らない。
愛情を知らない、優しさを知らない、抱きしめてくれる腕の強さも、他人の体温の温かさも、知らない。


「でも、ミカゲを、キアラを親友だと思えることって、なんか、そういうのに似てるのかなって…」

「テイト…」

そう、なのだろうか。
友愛と家族愛は、似ているのだろうか。
そんなことを考え、ふと顔を上げると、ミカゲが大粒の涙をぽろぽろと惜しみなく零していた。


「ミ、ミカゲ?!」

「バカヤロー!泣かすんじゃねぇよ!急にすげぇこと言われたらリアクションに困るだろ!」

ミカゲは流れる涙を袖で拭く。
テイトの言葉を聞いて、嬉しくて泣いたんだろうか。
泣く、か。
悲しくて泣くのと、嬉しくて泣くのと、何が違うのかも分からない。
そんな私は欠陥品なのだろうか。


「でも、お前からそんなこと話してくれたの初めてだから、すっげぇ嬉しい…、よし!親友の誓いを立てよう!」

ミカゲはずいっとこぶしを私とテイトの間に突き出した。


「もし戦場でピンチになっても、俺はお前らを見捨てたりしない!神に誓って死ぬ時はいっしょだ!」

「う、うん!」

テイトは戸惑いながらも、ミカゲと拳を合わせた。
そして2人は私を見つめる。
その目は透き通っているかのように綺麗で、私とは違って見えた。


「ほら、キアラも!」

「…うん」

神様。
私はこの2人とは一緒に死ねません。
もし、そんな危機が訪れるのなら、私が大好きな親友を守って死にます。
そう、心に誓いをたてた。



*2015/12/24



|

BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -