前夜


授業が終わり、私たち3人は廊下へと繰り出した。
ガラス張りとなっている壁一面からは要塞が存在感を顕にし、そこに鎮座している。
ミカゲはその要塞を澄み切った目に入れ、キラキラと瞳を輝かせた。
その顔はどこか無垢な少年のようで、見ていて微笑ましかった。


「俺たちも卒業試験に合格できたら、あそこにいけるんだな!」

「そうだね…」

そんなミカゲを微笑ましく見ていると、テイトが辛そうな顔をして俯いていることに気付いた。
どうかしたのだろうかと気になり、声をかけようとした瞬間、テイトが重々しく一文字に閉じていた口を開いた。


「ミカゲ、キアラ、やっぱりもう俺に構うな」

そう言い放ったテイトの顔はどこか寂しげで、まるで涙を堪えているかのように辛そうだった。


「何故…?」

「俺と一緒にいたら、お前らまで…」

テイトは再び俯いてしまった。
お前らまで、ということは私たちの身を案じてそう言っているのだろう。
テイトは優しい。
仏頂面で、どことなく雰囲気が冷たいが本当はそんなことはない。
人との関わり方がまた希薄なのだ。
だから周りの人はテイトの優しさに気づけない。


「私は嫌」

そう言い切ると、テイトは驚いたように顔を勢いよくあげ、目を見開く。
そんなテイトの表情を見て、私は出来るだけ柔らかく微笑んだ。


「私は、テイトだから一緒にいたい、周りの人がなんて言おうと、テイトはテイトだから、側にいたい…」

私がそう言葉にすると、テイトはその綺麗なエメラルドのような瞳を潤ませた。
そんなテイトの頭を、ミカゲはわしゃわしゃとなでた。
こんな光景も、明日で最後かも知れない。
そう思うと、何だか心にぽっかりと穴が開くような、そんな喪失感が胸を占める。


「私、テイトとミカゲと一緒にいられて、良かった…」

そう口にすると、テイトとミカゲはピタリと動きを止め、私の頭を優しく撫でてくれた。
その手つきはまるで壊れ物を大事に触れるかのように繊細で、目をつむり、その感触を楽しんだ。


「俺も、お前らと居れて良かったぜ!」

ミカゲがにかりと笑う。
なんだかまだ卒業試験にも受かっていないのに、最早卒業するかのような私たちの言動に、何故か面白くなってしまい、ふっと笑みをこぼした。


「明日、卒業試験だから、練習しに行こうか」

「そうだな!中庭行こうぜ!」

「…そうだな」

ミカゲの提案に、私たちは頷いた。
テイトも柔らかく微笑んでくれて、私は嬉しくなった。
テイトとは、物心が付く前から一緒にいた気がする。
幼い頃の記憶はないが、気づいたらテイトの隣にいたのだ。
私は知っている、ミカゲと出会えたお陰で、テイトの笑顔が増えたことを。


「おーい、キアラ、行くぞー!」

「うん、今行く」

ミカゲの隣で笑うテイト、そんな2人を見ているのが、私は大好きで、幸せな時間だった。
明日の卒業試験を頑張って、出来ればまた、3人で。
そんな淡い期待を抱きながら中庭に向かった。



*2015/11/23
(修正)2015/12/17



|

BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -