_20091219



見果てぬ夢を考えていた。

「どうなさいまして」

見え透いた将来を考えていた。

「お気に召しませんでしたかしら」

普段は行きもしない海まで車を飛ばしてみた。

「それともお口に合いませんでしたかしら」

そうして昔話のように亀を助けて、こうして今、嘘のような現実を体感している。
隣でやたらと顔色を伺う女を、見たことはなかったが、確かに俺は知っていた。

「チョウザメの卵はおきらい?」
「いや、」
「エイヒレだってご用意してますのよ」
「いや、」

亀を助けて招待され、接待の中身は海鮮ばかりとは何ともおかしな話だ。
海の中も所詮、縦社会なのか。

「どうなさいまして」
「いや、そろそろ帰るよ。ありがとう」
「そうですの」

女は音もなく立ち上がり、泳ぐように襖の向こうに消えた。
戻ってきた際手にしていたあれを、見たことはなかったが、確かに俺は知っていた。

「ささやかですが、御礼の品ですわ」

強制的に受け取らされたそれに、帰った俺は、果たしてどうするだろうか。
女は笑っていたように思えた。
その先を見たことはなかったが、確かに俺は知っていた。
見果てぬ夢、見え透いた将来、そんなものを考えていた俺は、予想だにしなかった結末を見て、きっとそれに果てるのだろう。

玉手箱に果てる



prev / top / next
© 陽気なN


×