タフィーの行方を誰も知らない。


「最近、タフィーを見ないよね」


ふと、誰かが口にした。


「タフィー?」
「そういえば」


誰かがそう返せば、また誰かが同意する。


「どうしたのかね」
「あら、マイケルも知らないの?」


マイケルはタフィーの恋人で、周知の間柄だった。
そのマイケルでさえ知らないらしいタフィーの行方に、話を出したマリアも首を傾げる。


「どうしたのかしら。タフィーってばおっちょこちょいだから、うっかり川にでも落ちてなければいいけど」


心配そうにすぐ傍を流れる川に目を遣るマリアに、マイケルは軽く笑った。


「まさか、違うよ。まあ、おっちょこちょいだからこそ、騙されてどこかに監禁でもされてるのかもな」
「あら、それこそ笑い事じゃないわ」


恋人である筈のマイケルの言い草に、マリアは少し憤慨して言い返す。


「まあ、大丈夫さ。タフィーにだって理由があるんだろ」
「そうかもしれないけど」


誰よりもタフィーを知るだろうマイケルの言葉に、マリアは渋々と同意した。


「ただいま」


普段と変わらない明るい声で、マイケルは帰宅した。
よしよしとベッドの上のペットを撫でて、上着をハンガーに掛ける。


「タフィーが見つからないってさ」


猿轡をくわえたペットを一瞥して、マイケルは、小さく笑った。

タフィーの行方を誰も知らない。

タフィーの行方



prev / top / next
© 陽気なN


×