ブラウン泥棒
act.2 ブラウン泥棒

 レースのカーテンの隙間から朝日の差し込む中、廊下でまるまると太った愛猫を抱え、「よし!」と気合いを入れる。

 愛猫のおなかを何度か撫で、そうして彼が嫌がる――でも可愛いからついしちゃう!――抱き方をした。

 やっぱり両脇に手を入れられるのはねこでも嫌なのか、嫌な表情をする。



「ご、ごめんね。あのね、わ、私、がんばるよ、たーくん」

「みぃー」



 緑色の瞳を見つめる。
 黒目が少し大きくなるのを見、私が「可愛い」と油断している隙をついたのか、突然ねこパンチがとんできた。


 避ける術もなく、ぺち、と弱々しくほっぺに触れ、また「みぃ」と鳴く。


 ――やき、ってやつ?



「あ、ありがと、たーくん」



 床に下ろすとたっぷりとため息をつかれてしまった。

 そんな彼はご飯の時間のようで、朝日の差し込む廊下をのっしりと歩み目的地へ。


 私も深呼吸をし、目的地へと足を向ける。


 昨日お父さんが慌てて片付けをしていた、普段は物置として使っていたお部屋の前。

 胸に手を当て、もう一度深呼吸。

 冷たい空気が肺に入り、吐き出すときはあたたかい。

 身体の中のものが入れ替わったようだ。

 気を引き締め、目の前のドアを見つめる。さっきから何分見つめたのかな。もう木目の形まで覚えてしまっている。

 いざノックをしようと手を伸ばしても、

 ――このドアの先に、壱くんが寝ている。

 そう思うと手は引っ込んでしまう。


 一恵さんに「よろしく〜」って言われたけれど、なにをどうすればいいんだろう。

 ぐるぐると考えていると、ごはんを食べ終わった愛猫と再び出会い、またやきをいれられた。



「し、失礼します!」



 さらにたっぷり時間をかけようやくできたノック。


 返事はない。


 ――まだ、寝てるのかな……?


prev next // 目次
しおりを挟む


不器用 親バカ

26/102
×
SSが簡単に作れる
BL専門チャットノベル
- ナノ -