反駁少年(企画)


 願望を語って否定を得た。
 未来を語って嘲りを得た。
 希望を語って冷笑を得た。

 語れと求められて披露した意思は、ことごとく潰されていった。

 そんな少年は黙して笑う。
 痴れ者と嘲笑われながら、毅然と嗤う。
 彼らが欲しい言葉は、彼らの理想を模したものでしかないはずなのに、それを彼らが冷遇するのはなぜか。

 挑発するような笑みを刻み、少年は高らかに謳う。



反駁
(破天荒で荒唐無稽、この上なく滑稽な夢のひとつやふたつ、いくらでも囀ってやろうじゃないか)



少年百科さま提出



- 9 -



[] * []

bookmark

Top
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -