緑川くんの体験談

これから俺の苦い体験談をお話ししよう…………




これは俺がイナズマジャパンを離脱し同じく怪我をして離脱した吹雪くんのお見舞いに行った日のお話です





「吹雪くんーー!!お見舞いに来たよー」



「ふふ…………緑川くんありがとう」






俺は吹雪くんの病室を訪れ俺たちは他愛もない話をしながら過ごしていた




そして話が尽きようとしていた頃に俺はふと思いついた




「吹雪くん…………なんか暇だねぇ…………ゲームでもしない?」





「ゲーム??いいよ!やろ!」





「じゃあ…………ピザって10回言ってみて!!」




「うん!えーっと…………ピザピザピザピザピザ…………ピザ!10回言ったよ!」





「じゃあここは!?」




俺は自分のヒザを指差した


吹雪くんは引っかかるかな〜??







「え…………ヒ…………ヒザ…………?」





「ごめん!吹雪くん!!残念そうな顔しないで!!?」






なんとまぁ…………吹雪くんは俺を期待外れの様な目で見てきたのでした








****




しばらくすると今度は吹雪くんが話しかけてきた






「じゃあ僕からもゲームを提案するよ!」




「なになに!?」




俺はワクワクしていた






「じゃあ…………手術室って10回言ってみて?」




「よし!手術室手術室手術室手術室…………手術室!!10回言ったよ!」




「あ、10回言った?」





「言ったよ!」




なにがあるのかと俺はワクワクしていた




「そっか!じゃあ………お疲れ様ッ!!」




「え……………………?!」





「ん…………?どうしたの?言い終わったんでしょ?お疲れ様!!」





「ふ……………………吹雪くん…………(汗)」







なんだかニコニコしている吹雪くんと





呆然とする俺なのでした












こんなやり取りしてたら可愛いなと


てかこれギャグか…………?
まぁいっかww




[ 4/6 ]

[*prev] [next#]

[しおりを挟む]





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -