凍てつく闇の冷たさ

▽会話文です





「なぁ風介〜」



「なんだチューリップ」



「俺はチューリップじゃねぇ!!何度言えばわかるんだよ!!ってそんなことよりさ…………」



「ほう…………そんなことよりとは晴矢にとってはチューリップと呼ばれることについてはどうでも良いのか…………まぁいい、話を聞いてやろうではないか」



「上から目線むかつくわー。ってか俺が話したかったのは"凍てつく闇"についてだ」



「ほう…………晴矢も凍てつく闇の素晴らしさに気付いたか」


「ちげーよ、お前さ"凍てつく闇の冷たさを教えてあげるよ"とか厨二なこと言っちゃってさ…………いつ教えたんだよ」



「そんなことも分からないのか馬鹿者」



「教えられねーからそんなこと言ってんだろ」



「フッ…………ならば教えてあげよう…………!凍てつく闇の冷たさを…………!!!」



「ヘイヘイ」



「晴矢…………!今夜見ていろ…………!!」





*****

その日の夜


「フッ…………晴矢はぐっすり眠っているな…呑気なものだ。これから凍てつく闇の恐怖が待っていると言うのに…………!ハハハハハハハ」





「ねぇヒロト、風介ってば何やってんの?」



「しっ…………!面白そうだから隠れてみようよ緑川」



「う……うん……?」






「では教えてあげよう…………!凍てつく闇の冷たさを…………!!!秘技冷え○タ!!!」



「風介どうしちゃったの!?独り言言いながら晴矢に冷え○タ大量に貼ってるよ」



「し…………!風介に聞こえちゃうよ」







「はぁああああああ!!!」←晴矢に冷え○タ貼ってるなう





「冷てぇえええええええええええええええええええええええええ!!!!」





「これが闇の冷たささ!!!」











「バカだねアイツら」








オチが変www


闇=夜

冷たさ=冷え○タ

ってことですww

[ 3/6 ]

[*prev] [next#]

[しおりを挟む]





×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -