ハチがきた!!

▽ある夏の日の3バカさんたちのお話






晴矢「わぁああああ!!!ハチが部屋に入って来たぞ!!!」




ヒロト「これだから夏は嫌なんだよね」




風介「黙れチューリップ。ハチ如きで騒ぐな、うるさい」




晴矢「じゃあお前追い払えよ!!てかチューリップじゃねぇ!!!」




風介「なんだ晴矢はやらないのか?怖いのか。そうかそうか、所詮チューリップだ」




晴矢「だからチューリップじゃねぇよ!!!そんなこと言ってどうせ出来ねーんだろ!!」




ヒロト「なんかどっちもどっちだね」




風介「怖じ気づいたか晴矢。まぁいい私に出来ない事など無い!!!」




晴矢「なんかむかつくな。まぁ任せたぞ」




風介「フ……………………見ていろ。私に任せたまえ」




ヒロト「大丈夫かなぁ…………」




風介「ところでハチは何処にいるんだ」




晴矢「あそこにいるぞ」




風介「あんな隅にいるなんてハチも私に怖じ気づいたか」




ヒロト「全く違うと思う」




風介「フッ…………凍てつかせてあげるよ…………!」




晴矢「厨二病乙」




風介「お…………!ハチがこっちに来たぞ!これでも食らえ!!」




晴矢「なんだなんだ!?」




風介「冷凍ビーーーーーム!!!」





※もちろん風介には冷凍ビームを出す力などありません







ブーーーン







チクッ






風介「わあああああああああああああああああああああ」






結果風介はハチに刺されましたとさ。






晴矢「バカじゃねぇの」





ヒロト「普通にやればいいのに」






その後はヒロトがハチに殺虫剤を使って追い払いましたとさ






風介「クッ……………………!私の力はこの程度ではない!!見ていろハチめ!!凍てつかせてあげるよ…………!!!!」






どこまでも厨二な風介なのでした

[ 5/6 ]

[*prev] [next#]

[しおりを挟む]





×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -