とても短いお話

沖受けCPごちゃ混ぜ。





「同心-陽と陰-」沖沖(幕末)中編

―君は僕で僕は君。

君と僕の二人で沖田総司という一つの人間なんだよ。

例えば君が陽なら僕は陰で…太陽が出てる間は君が動いて、月が出る夜は僕が現れ君の事を守る。

そう……どちらかが欠けても駄目なんだ。

さらりと栗色の髪を一房持って口付けを落とし、微笑む。

「な……っ」
「大事な大事な、もう一人の僕」
「…………」

もう一人の、ぼく―…。
確かに着ているもの、瞳の色、髪型と色は違えど姿は僕そのものだ。

咳と熱に魘される様になってからというもの、紅い瞳の白髪の男が現れ敵をひたすら斬っている。
そして敵一人残らず片付けた後、いつもその最後は振り向いて僕を組み敷いて犯す………。

そんな夢を最近繰り返し見る事が多くなった。

「………綺麗だね」

「……え」

「僕の白い髪や紅い瞳なんかと違って、君の栗色の髪やその翡翠色の瞳………凄く綺麗。」

「…………それ、男の僕が言われても喜べないんだけど……でも」

「ん?」
「君の髪も紅い瞳も綺麗、だと思うけど……」
「…………。」

「月の光にあたると髪なんか透き通ってるみたいで幻想的で…って。あれ…何でもう一人の自分なのにこんな事言って………?」

(あれ?)
気が付けば白髪のもう一人の自分が僕の事を押し倒した状態で見下ろして熱っぽい目で見つめている。

「ちょっと……何してる訳」

「…やっぱり、綺麗だよ。僕には自分の髪や紅い瞳なんてそんな風に思う事出来ないから」

「土方さんや一くんや……皆にでさえ君を見せたくないくらい…………閉じ込めたい、僕のものにしちゃいたいって思うけど…。近藤さんが困るから流石に閉じ込めるまではしないけどね」

「ちょっと………」

掴まれた手首に力が加わる。動かそうと試みるがまるでびくともしない。
同じ体型なのにどこからそんな力が出てくるのだろう、髪や紅い瞳を見て当てはまる三文字の言葉。

(そうか…羅刹の、力………)

「夢、見てるでしょ?……あれね、僕。」
「………!?」

「閉じ込める事は出来ないけど寝静まる夜は君を独り占めしても…構わないよね?」
「待…………っ」
この後の展開。それは嫌というほど見に覚えがある行為―

「僕達は二人で一つだから、大事に……大事に可愛がってあげる」

「…………っあ」
身体は、動いてくれない。

そう言うと寝間着の合わせから手を差し入れるのだった―


14/01/16 Thu 22:24




土沖(学パロ)@

沖田(担任)/土方(生徒)

成績優秀、欠席ゼロ。剣道部主将。顔立ちが良いから女生徒に人気。
告白し玉砕した女子は数知れず。

目付きが鋭いせいで強面に見られてしまい誰もが本人に近付くのを躊躇う人物………土方歳三。

―僕はそこのクラスの担任をしている。

***

「―沖田先生」

ある日の事。放課後のホームルームも終わり、部活に急ぐ者や帰宅する者達で教室はすっかり居なくなっていた。

―僕と、土方くん以外。

つまり、土方くんから……珍しく声を掛けられたのだ。

「ん?なに、土方くん」

プリントの束をトントンと整えながら僕は返事をする。

「なあ……沖田先生って………好きな奴、いるのか?」

窓に寄り掛かりながら、彼はそう呟く。紫紺の瞳がじっと僕の姿を捉えていた。

「え、と…………」

「俺……先生の事が好きだ」

「…………っ!?」

突然の告白に驚いて、バサバサッと整えていたプリントを教卓から落としてしまう。

「じょ、冗談でしょ……?何かの罰ゲームとかなんでしょ、それ」

そう言い、獰猛な瞳をした土方くんの視線に動揺した僕は慌てて逃れる様にプリントの方に視線を向け、しゃがんで散らばったプリントを拾い始める。

「………総司、せんせ。」

「は…………」

散らばったプリントの目線の先が急に影り、突然下の名前で呼ばれたのでえ……と思いながら恐る恐る顔を上げる。
…視界が、土方くんの顔でいっぱいで………そしてそこで漸くキスを……されているのだと、僕は気付いた。

「ん……?!」

舌を絡め取られ少し苦しくて、涙目になりながら土方くんを睨み付ける。
ペロリと下唇を一舐めされてから唇を離した。
先生可愛い…と一言添えられて。

「冗談じゃなくて、俺は本気だから。必ず落としてやるよ」

そう言い放つとカバンを持ち、教室から出ていった。

―突然の出来事に暫く、僕は放心状態だった。


****

文酷い!!口調が迷子!!!(笑)
立場逆転してるから何か違和感ww
SSLじゃなくて先生沖田さんと生徒土方さんの学パロ土沖もアリだよね、と思います(^∇^)← 後で気になる箇所直すかもですが、とりあえず投下(笑)


13/10/02 Wed 05:09




「同心-陽と陰-」沖沖(幕末)前編

―池田屋の事件があってから少し後の事。

ケホケホと軽く咳が出る。

せっかく寝付いた所だったが、唐突に出た咳に眠りから覚醒してしまった。

……少し身体が熱い。
額に手を宛ててみると、どことなく軽い微熱が出ている様な気がする。
横になって改めて寝直そうと障子の方に寝返りを打ち目を瞑る。

………暫くした頃。
やっと眠りの方に移りゆこうとしていた時だった。
沖田は何らかの気配を感じ取る。
そしてその気配は板張りの縁側を通り過ぎる事なく、自分の元へと静かに近づいて来るのが分かった。

(何…………?)
目を瞑りながらそっと刀の方に手を伸ばす、が……伸ばそうとした手を遮られ、縫い付けられる。

「………!?」

―まだ気配は外だったのにもかかわらず、いつの間に室内に入った?
障子の開閉する音さえも聞こえなかったというのに。

沖田は驚き誰だと目を開け、そして目を見開く。
そこにいたのは着物とは違う物を身に纏い、白髪で短めな髪に紅い眼の男。

(え…………なに、僕…?)

頭が混乱する。

そしてその白髪の男が口を三日月の様に口を歪めてゆっくりと言葉を放つ。

「…やあ。初めまして自分………と、言えばいいかな?」

―瓜二つなもう一人の自分の視線に絡め取られて、僕は……動けなかった。

***

小説置き場のよりもうちょい短めなお話ページです。
いろんな沖受けカプの短めなお話を思い付いた時に投下していくので、お暇がある時に覗いて頂けたら嬉しいです^-^

小説雑多雑文置き場ともいう……(笑)


13/09/29 Sun 16:45




← | →
2014年1月
2013年10月
2013年9月








「おっさん受け」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -