案内 更新 小説 入口







夜の太陽


「わ、っ……」

後ろから抱きしめて、立向居の首筋に顔を埋める。
恥ずかしそうに体を揺するのを無視して、そのままグリグリと頭を擦り付けると、観念したのか大人しくなった。

すぅ、と胸いっぱいに吸い込む。
1日干した布団というか、晴れた日の気配というか。
太陽のにおいがする。
今日は天気が良かったし、ずっと外で練習してたからかな。

「はー……やっぱりいいな」

この上なく癒やされる、立向居の太陽の香り。

「つ、綱海さん……っ」
「もう少し」

今日も俺は夜に太陽を浴びる。







                  了





×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -