案内 更新 小説 入口







年上のかわいい人

今日の綱海さんはなんだかおかしい。

体調が悪いのかなんなのか、普段は明るい人なのに、何やらムスッとしている。
と言っても、しかめっ面というよりは、唇をとがらせているというか、なんというか。

どうしたんだろう。

「大丈夫ですか?体調悪かったりしますか?」

声を掛けると、一瞬嬉しそうな笑顔と、すぐまた頬を膨らませる顔。

「綱海さん…?」

確認するようにもう一度訊ねると、大きな身体に抱き締められた。

「わ、えっ、え?!つっ、つな、綱海さ…!!!」
「もっと俺に構えよ…」

小さく、小さく溢された言葉。

でも、聞き間違いじゃない。
俺の耳の奥にしっかり響いた、大好きな低音。

「他のやつと仲良くした分、俺のことも構って…」

普段は聞けないような甘えた声に、俺は顔が熱くなるのを感じた。









               了







「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -