音符は素早くいなくなる


!)現代パロっぽいもの
・紫苑もネズミも大人
・紫苑はピアニスト、ネズミはバリトン歌手
・紫ネズ…?



今日は紫苑のソロリサイタルの日だ。
紫苑は名の売れたピアニストで、毎月何回もコンサートをこなしている。
しかし今日のリサイタルは、それらのコンサートとは紫苑自身の思い入れが違う。
プログラムは新しく譜読みした曲が大半を占め、その選曲も全て紫苑による、自主企画のコンサート。

紫苑の気合いの入れようを知っているネズミは、自身も忙しいなかコンサートを聴きに来ていた。





しかし、紫苑が弾きはじめてすぐ、ネズミは異変に気づいた。

紫苑、調子が悪いのか?

自然な流れの中で滑るように動く紫苑の指が、いつもと違う。
ふわりと空気のように弾くパッセージが、いつもと違う。
フォルテの音量の迫力が、いつもと違う。

それでも紫苑は、やはり美しい音楽を奏でていたが、彼の絶頂を知っているネズミは不安でいたたまれない。

コンサートの中盤で、早くも紫苑は汗だくで、顔も上気していた。
そこでネズミは悟る。

紫苑、あいつ、熱でもあるんだな。
体調が悪いなら、延期するなりキャンセルするなり、手はいくらでもあるだろうに…!

はらはらと見守るネズミの気持ちが天に通じたのか、大きな事故もなくコンサートは終わり、会場には拍手喝采が溢れた。
その拍手の中、紫苑はアンコールのため、再びステージに現れる。

アンコール曲でショパンのワルツを軽やかに弾き、また袖に引っ込む。
それでもまだ拍手はやまない。

アンコールなんて、早く切り上げてしまえばいいのに。

いらいらと唇を噛みしめ、ネズミは席から腰を浮かす。
舞台袖まで駆けつけるつもりだった。
ホールというものは大抵、迷路のような造りになっている。
だが幸いネズミもこのホールでコンサートをしたことがあり、構造は知っている。

拍手を送り続ける客たちの間をすり抜ける時、客の感嘆する声が聞こえた。

「うまいわねぇ」
「あんな風に自在に弾けたら、さぞかし気持ち良いでしょうねぇ」
「いいねぇ、もとから才能のある人は」

それは客たちの純水な称賛だったが、ネズミは頭にカッと血がのぼるのを感じた。

自在に弾く?
そのために紫苑がどれだけ、毎日毎日練習を重ね、苦労しているか。

気持ち良い?
そりゃあ、そんな時もあるだろう。でなきゃ、演奏家になろうなんて思わないだろうからな。でも、いつもいつも、そうとは限らない。今日の紫苑はきっと、熱に浮かされ、体の不調に苦しみながら弾いていたことだろう。

もとから才能がある?
そうかもしれない。けれど、才能があるから上手いんじゃない、考えぬかれ研究された奏法と、磨きぬかれた感性と、たゆまぬ努力によって積み上げられた「才能」なんだ。

何にも知らないくせに、紫苑の日頃の姿を何一つ知らないくせに、あいつが楽をして栄光を手にしているように言うな。
軽々しく憶測を口にするな。

八つ当たりとも取れる怒りが、ごうごうとネズミの頭の中に吹き荒れる。
ぐっと唇を噛み締めたまま、廊下を蹴って舞台袖へと向かう。

袖の下手(しもて)に着くと、紫苑はアンコール曲を数曲弾き終え、ステージから帰ってくるところだった。
紫苑はネズミの姿を見つけてふにゃりと笑い、そのまま膝からくずおれる。
ネズミは慌てて駆け寄り、紫苑を抱き止めた。


→next

タイトルは、さまよりお借りしました。


|


←novel
←top





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -