ストロベリーライフ


!)桜蘭高校ホスト部のパロ
ハニー先輩=紫苑、モリ先輩=ネズミ、藤岡ハルヒ=イヌカシ


「あっ、イヌカシ、お勉強ー?」

期末テストが目前に迫った放課後。
部活動停止期間にも関わらず、ホスト部は相も変わらず活動し、令嬢たちもいつも通り部室へ来ていた。
そんな中、イヌカシだけが隅で目立たぬよう勉強していたのである。

「あぁ…悪いかよ、紫苑先輩。テスト近いんだぜ、テスト」

ケーキのクリームを口の端につけたまま無邪気に笑う紫苑のまわりに、ふわふわ舞う花が見えるような気がして、イヌカシは眉をしかめた。

まったく、お気楽なぼっちゃんは、いいよな。
しかも、大して勉強しないくせに、成績は群を抜いているときた。

「あぁほら、イヌカシ」

つんつん、と眉間を指でつつかれる。
びっくりして、イヌカシは勢いよくのけぞった。

「なっ、なんだよっ」
「なんだよ、って…、だってイヌカシ。おでこにシワが寄ってるよ?刻まれちゃうよ?ネズミみたいになっちゃうよー」

あはは、と紫苑は無邪気に笑う。
と同時に、イヌカシは背後に寒気を感じる。ばっと振り返る。

「ふぅん。誰みたいに、なっちゃうだって?」

…やっぱり。
地獄耳なネズミがそこにいた。

「あっ、ネズミー。よく聞こえたね!だってきみ、いっつもしかめっ面してるでしょ?少しは笑いなよー」
「なんで、おれが」
「ネズミ、笑ったらすっごく可愛いのにー」
「なっ…。あのな、紫苑」
「あ、ううん、でもね、そのままのネズミも大好きだよ?」

ガタン、とイヌカシは立ち上がる。
すばやく机の教材をかき集める。

「ん?イヌカシ、どうしたの?」
「…場所を移すことにした。ここで勉強しようとしたおれが、どーしよーもない馬鹿だったぜ」
「ええー、なんで!ぼく、数学教えようか?」
「けっっこう、です!」

うるっさくてしょうがねぇ!
わざわざ、勉強中のおれの前でいちゃいちゃすんな、他でやれ!

先輩に向かってはさすがにそう言うわけにもいかず、イヌカシは心の中だけで毒づいて部室を飛び出して行った。


fin.

20110930

わーごめんなさい!!
ネズミが空気!紫苑が暴走!ごめんなさい!!
やっぱり、桜蘭パロ無理があったww


|


←novel
←top





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -