紫芋はモンブランになりたかったのです


!)ハロウィン2011企画に提出
チーズケーキに恋をした』と同じ二人。
紫苑が弟子入りして数年後、一人前になりかけの頃の話



「トリックオアトリート!」

挨拶代わりに、紫苑は店のドアを開けるなり、嬉々として言い放つ。
厨房で着々と下準備を進めていたネズミは、視線を寄越しもせず「机の上」と言った。

「え?」
「用意してある」
「えー…」
「きっと騒ぐだろうと思ってな」

カウンターを回り込んで机を見てみると、色とりどりのクッキーが真っ白いプレートに盛られていた。
ピンクや黄色やオレンジや紫の、素朴ではあるがカラフルな色合いが、プレートの白によく映えていた。

「…準備がいいんだね、ネズミ」
「ふふっ、イタズラしたかったのか?」
「まあね」
「そういう時は、トリックアンドトリートって言えばいいよ」
「なるほど!」
「つまり、お菓子くれてもイタズラするぞ」
「じゃっ、トリックアンドトリート」
「もう遅い」

メレンゲを泡立て終わったネズミは一旦ボウルを置き、振り返った。

「トリックアンドトリート、紫苑」
「ざーんねん、せっかくそう言ってくれても、ぼくはお菓子持ってない。きみにイタズラしてもらおうと思って」
「へぇ。いい覚悟だな」
「だって今日は、イベントにかこつけて、イタズラしていい日だろ?」
「…あんたその解釈、ずいぶん歪んでんな」
「そうかな?…ところでさ、ネズミ」
「ん?」

紫苑はクッキーをひとつ、そっとつまみ上げる。
それは控えめな柔らかい紫色で、魔女のとんがり帽子の型に抜かれていた。

「これって何味?きみのことだから…クッキーの色は、色粉じゃないんだろ」
「もちろん」

得意気にネズミは唇を綻ばせ、ひとつひとつのクッキーを指差して説明を始める。

「ピンク色は苺、オレンジ色はオレンジピール、黄色はカボチャ、紫色は紫芋。これらのクッキーは今日は店頭サービスだぜ」
「例によって、高校生以下のお客さまに?」
「ご名答。あんたはもう、年齢オーバーだな」
「…じゃあ、くれないの?」

上目遣いにネズミを見上げると、ぴんっと軽く額を弾かれた。

「分かってるくせに。あんたは特別」
「良かった。大好き、ネズミ」
「あたりまえ。で、どれ食うの?」
「紫芋」

ネズミの優美な手が、優雅な動作で紫苑の手から紫のクッキーを取り上げる。
クッキーを持たない方の手で、紫苑の唇をとんとんとつついて開かせる。素直に開いた唇に、すっとクッキーを入れてやる。

「…どう?」
「おいしい、すごく」
「そりゃ良かった」
「ねぇ、ネズミ」
「うん?」
「紫芋って、まだ余ってる?」

唐突な質問に、ネズミは首を傾げる。

「ああ、残ってるけど。なんで」
「モンブラン作りたい」
「は?」
「今日くらい、ハロウィン仕様にしようよ?モンブランのマロンクリームに紫芋を混ぜて紫色にしてさ、それをとんがり帽子の形にデコレーションするんだ。そこに星形に抜いたカボチャのクッキーを載せて…」
「あのさ、紫苑。そういうプランは早めに考えろよ。あと数時間で開店だぞ」
「大丈夫!数量限定なら間に合うでしょ?」
「…もう、勝手にしたら」
「そうする。ありがとう、ネズミ」



きみのためにハッピーハロウィン


ネズミ、ネズミ!ねぇ見て見て、けっこう上手くできた!

…ひとつしか完成してないように見えるんだけど

うん

おい、店頭に並べないのか

だって、きみに作ったんだもん、お店には出さない。数量限定って言ってたでしょ?

だからって…

ね、食べさせてあげるから、口開けて?ネズミ




お粗末さまでしたorz
あれ?久しぶりにネズ紫書いたら…なんか紫苑さんが小悪魔(°Д°)
というか、素敵なタイトルに内容が全然追い付いてない!こじつけ感半端ない!(※いつものこと)
いやあ、すいませんでした、ほんと。
あっ、今回もナチュラルに、会話のネタ元は友人です。
今日のお昼休みにネタ供給しました。ありがとう友人…。

ではでは、皆さま、企画参加本当にありがとうございました…!!
管理人は嬉しさのあまり、いつも以上にふわふわしてます!
地に足がついていませんww
うわあ幸せ…!!(´∀`)
はっぴーはろうぃん!!

タイトルは、さまよりお借りしました。

2011.10.31 (Mon)


|


←novel
←top





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -