委員長ロマンス☆(2)

寝て起きていつもどおりの毎日…
かと思いきや今私はあの憧れの委員長と手を繋いでます…!

夢みたい…すごく嬉しいんだけど何故か全力疾走(しかもパジャマ)
パジャマっていうか体操着なんですが。(しかも全力疾走)
幸せだけど普段あまり運動しない私にとってはもう…限界…

「いっ、委員長…わたし、もう、」
「名字さん、頑張って!もう少しだから!」

委員長が強く手を握って、笑った。
もう心臓爆発しそう、まじで、今言うしかない、頑張るのよ名前!
今のタイミングでならいける!
入学する前からずっとずっと委員長のこと…!

「いっ、いっ委員長!実は、わたし、」
「?どうしたの?」
「実は、わたし、委員長に言いたいことあるの!」
「? …あぁ、言わなくても分かるよ名字さん。」
「え…!」

まさかの両思い!?
名前の恋の行方は次回へ続く!

※この物語はフィクションです。

[ 2/2 ]

[*prev] [next#]
[mokuji]
[しおりを挟む]