委員長ロマンス☆名前

ジリリリリリr「やばいちょー眠い…」

朝から覇気の無いだるいこえを出したこいつこそこの物語の主人公名字 名前だ。
基本的にマイペースで朝にはとても弱い。

「ってかあと五分で支度とかマジ無理!どうすりゃいいのー!?」

あたふたふためいている名前…すると部屋のドアがいつもはノックなんかならされることも無いのにコンコンと控えめな音がしたあとガチャと開かれる。

「こんにちわ名字さん。」

そこに居たのは憧れの委員長
委員長があさからなぜか名前の部屋に来ていた。

「なっなんで委員長がここに!?」
「そこで名字さんのお母さんにお会いして名字さんを起こしてくれないかと頼まれたんだ。」
「そ、そうなんだ!?ごめんねこんな格好でって え ?」
「もう遅刻しちゃいそうだから行こう!」

続く

[ 1/2 ]

[*prev] [next#]
[mokuji]
[しおりを挟む]