077.ビー玉(3)


「……前にも言ったと思うが、ぼくは基本的に何も出来ない。そして少なくとも、この庭に訪れる者はぼくを信じてもらわなければ困る。そうしなければ、ぼくは消える」

「……消える?」

「ぼく自身は知覚出来ないが、どうやら見えなくなるらしい」

「消えたことあるのか?ほんとに?」

「一度だけある。その時初めて運び屋に会い、消えていると教えてもらった。以来、それが縁でぼくが面倒を見ている」

「……」

「何か言いたいのなら、言ったほうが健康にいいぞ」

「いや、いい。……いいや。別に、もう」

「いいのか?聞きたければぼくは答えるが」

「どうせ、自分は神さまだから、で落ち着くだろ」

「おそらくは。……お前はそれが納得出来ないという顔をしていたが、今はどうやら違うようだ」

「ああ、違うかも」

 タクミはビー玉を手に遊びながら、笑った。

「……あーあ、いいや。何かもう。ここはこういう場所で、あんたは神さま。そういうことだな?」

「最初からそうだと言っている」

「こんな馬鹿みたいに奇跡的に残ってる場所なんか、ふざけんなとか思ってたけどさ、残れるならいつまでも残ってろってんだ」

「お前が命令するまでもなく、ここはいつまでもこのままだ」

「だから、それでいいって言ってんだよ。残れる限り、ずっとここにあればいい」

 言って、ビー玉を高く放り上げる。小さなビー玉は一瞬、太陽の中に消え、再びタクミの手に戻って来た。

「この庭に来る奴が信じねえとあんたが消えるってことは、オレもあんたのこと信じてたってこと?」

「さあ。ぼくは自分が消えたかどうか、自分ではわからない。お前が来てから、ぼくは一度でも消えただろうか?」

「とりあえず消えてねえなあ。てことは何だ、信じてたってことか」

「そういうことになるな」

「何だか気味が悪ぃなあ」

「気味が悪いと笑うものなのか?」

「さあ。知らね。……っと。あれ?」

 何度目かに放り上げたビー玉が、太陽の中に消えたまま戻ってこない。タクミは辺りを見回したが、近くに落ちている様子もなかった。

「どこ行ったよ」

「せっかく用意したものを、易々となくされては困る」

「はいはい悪かったな。ただ放り投げただけなのに、どこ行くんだっての」

「そこにある」

 神さまが指差した方を見ると、少し離れた木立の間に光る物があった。タクミは安堵の息を吐いてそこへ向かうが、近くに来るとあの光が見えなくなる。

「あれ?……ああ、あっちか」

 辺りを見回すまでもなく、前方に離れて光る物が見えた。

「しっかり拾ってくるんだぞ、タクミくん」

「わかってるよ!」

- 152 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -