077.ビー玉(2)


「ふむ。……水槽か」

「どうしたんです、神さま。切り方が気に入りませんか?」

「いや、充分だ。ところで運び屋、魚は持ってこれるか」

「生ですか?それとも死んだものですか?」

「生の魚がいい」

 運び屋は神さまの首からかけた布を外し、ぱっぱっと髪の毛を払う。

「また難題ですねえ。海ですか、川ですか?」

「タクミくんはどちらの魚が好きなんだ?」

「は?」

「海か川か」

「……海」

「海だと夜になりますけど、それでもいいですか?」

 神さまはわずかに首を傾げて考えた後、「構わない」と答えた。運び屋は道具を片付けながら、笑った。

「珍しくやる気ですねえ」

「うむ。あまりにも信じないものだから、少し神様の真似事をしてみようかと」

「真似事って、ニセモノの言う言葉じゃねえのかよ」

「ぼくはニセモノであったことはない。常にぼくであるだけだ」

「あーはいはい。わかったわかった」

「では、水槽に行ってみよう。運び屋、魚は頼んだ」

「それでは、夜にまた」

 運び屋が門へ歩いていくのを見送ってから、神さまとタクミは先日、唐突に現れた水槽へ向かった。

 木立の中にわずかに生まれた間隙に埋もれるようにして、水色の浴槽だけがぽつんと鎮座する。形状は浴槽のそれだったが、神さまは浴槽と言い、タクミは水槽と言う。

 庭へ出現したことにより新たな名前を与えられたそれは、神さまが「水槽」と言ったことで本当の水槽となった。

 タクミはその中を覗き込んで、呆気に取られる。

「……嘘だろ」

 ぼさぼさ頭の神様を見たわけではないが、素直にその言葉がついて出た。浴槽よろしく段差がついた中には、砂利の代わりとばかりに沢山のビー玉がいつの間にか敷き詰められていた。

 球面が様々に陽光を反射し、水槽の中やタクミの顔を照らし出す。ビー玉は青一色かと思われたが、時々赤や黄色や緑が混じっていた。そのさりげなさも綺麗だった。

「青一色にしようと思ったが、水槽も水色、底も青ときてはいささか面白みがない。……言っておくが、実際の海の底はこんな色ではないぞ」

「あんたがやったのか?」

「言っただろう。少し真似事をしてみようか、と」

「でも、昨日までは何も……」

「だから、ぼくは神さまなんだ」

「……運び屋と結託して、オレを馬鹿にしてんじゃねえだろうな」

「それはそれで面白そうだとは思うが、そうしたらお前は一生信じないだろう」

「オレごときが信じようが信じまいが、あんたは消えたりしねえだろ。神さまなんだから」

 タクミはビー玉を一つ取ってみた。吸い込まれそうな青が小さなガラス玉の中に詰まっている。今までに見たことがないほど、綺麗なビー玉だった。

- 151 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -